« 京浜島つばさ公園 | トップページ | VTが車検整備から帰って来ました。 »

2021年2月14日 (日)

8回目にしてようやく納得のいくパンができました。

通算8回目となる電子レンジでのパン作りです。1月24日と基本的に同じレシピなのですが、最終工程の焼き時間を半減させてみることにしました。

いつも焼き上がりが硬いのは、焼き過ぎなのではないかと思ったのです。何の食材でも火を入れ過ぎると硬くなるじゃないですか。

【材料】
強力小麦粉 200g
ドライイースト 6g
生卵 1個
素焚糖 20g
低脂肪乳 60ml

前回と同じ分量なのですが、混ぜていて何故か水っぽいなと思っていたら、気付いた時には低脂肪乳を180mlくらい入れてしまっていたのです。

強力小麦粉を適宜加えながら、前回と全く異なる質感で麺棒にまとわりつきながらも、何とかリカバリー。

電子レンジのオーブン機能で40℃40分の一次発酵を行った後の状態がこちら。

Dsc_1476

発酵前の比較写真がないのですが、2倍程度に膨らんでます。

ベットベトで4つに分ける時に、だいぶ空気を抜いてしまった感じですが、ここから20分休ませます。

Dsc_1477

20分後。膨らんでるの、分かりますかね。ピンボケですみません。

Dsc_1478

ここからクッキングペーパーを敷いた角皿に並べるのですが、やはりベットベト状態なので潰さずに取り出すのは無理でした。

Dsc_1479

40℃30分の二次発酵。

Dsc_1480

ボコボコだった表面が滑らかになって膨らんでます。

そして、これまでにないボリューム感。良い感じです。

さぁ、ここからが決定的に新しい試みになります。

これまで、電子レンジのロールパンを焼くプリセットメニューを利用していましたが、説明書によると180℃で予熱し23~25分焼いているとのことなので、手動で180℃予熱後、焼き時間を12分としました。

結果がこちら。

Dsc_1481

今までは、トングで無造作に取り出しても潰れる心配が全くない硬さでしたが、今回はトングでつかむと潰れそうな柔らかさ。

クッキングペーパーごと皿に引き出しました。

冷めてから1個試食してみると、過去7回が完全に失敗だったと認めざるを得ない出来栄えでした。

Dsc_1483

ちぎった断面で空気の層が伝わりますかね。

今回は誤って水分量が多くなってしまったので(そのせいで最終的な小麦粉量も不明に)、次回は水分量をきちんとコントロールして、再現できるかやってみたいです。

強力小麦粉220gと仮定した4分の1個あたりのPFCバランスは、P:11.9g、F:2.7g、C:48.0g、263.9kcalです。

|

« 京浜島つばさ公園 | トップページ | VTが車検整備から帰って来ました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京浜島つばさ公園 | トップページ | VTが車検整備から帰って来ました。 »