« 大笹牧場ツーリング | トップページ | 道志の森デビュー(Day1) »

2020年10月18日 (日)

革パンとネックゲイターとヘルメットマウントのテスト

冬のバイク用の革パン、裾が切りっぱなし状態なのが気になっていて、両面テープで裾上げができるという記事を見て、昨日ホームセンターで超強力両面テープ(粗面用)を買ってきてやってみました。

写真がなくて伝わりづらいと思いますが、革パンの裾の内側はスウェード状になっていて、前後2枚の革が縫い合わさっている、片方が毛羽立ったような状態になってました。この毛羽立った側は買ってきた両面テープが有効だったのですが、毛羽立っていない側は粗面用では全然粘着力が発揮されず・・・。

ダメもとで、家に持ち合わせていた、文房具の両面テープを貼ってみたら、がっちり貼り付けることができました。なので、もう片方も毛羽立ってる方は買ってきた粗面用超強力両面テープ、そうじゃない方は有り合わせの文房具の両面テープを使いました。切りっぱなしより見栄えがしますが、バイクに乗ってみるとどうなるのか?

今日、天気が良かったので、次期尚早ながら上下革を着込み、先日買った『Motorcylist』11月号の付録「KUSHITANI×Motorcyclist オリジナルエックゲイター」も試しに首に着けて(マスクを持参しなくても、いざという時マスク代わりになるとのことで便利そう)、さらにジェットヘルメットからフルフェイスヘルメットにインカムを付け替え、ヘルメットマウントカメラをフルフェイスヘルメットに初装着して試し撮りも兼ねて、近所をVTで走ってみました。

5_20201018182601

バックミラーにちょっとだけ映っているヘルメットとカメラマウント、分かりますかね。近所だからナビ不要なのにスマホを付けてるのは、音楽を聴いてる(インカムのスピーカーチェック)からです。

7_20201018182601

ちょっとカメラの角度が下向きかもと思ってたら、やっぱり思った通りでした。ツーリング(まだ予定はないですが)本番前に試して良かったです。

裾上げした革パンですが、バイクに乗ると裾が短くて気になってしょうがありませんでした。

11_20201018182601

写真だと分かりづらいですが、ステップに足を載せると、ブーツの上端がすぐ出てしまうんです。

13

ネックゲイターは、革ジャンの首回りからの風の侵入を防いでくれる気がして、装着感も悪くなかったです。

ということで、帰宅した後にやったことは・・・

カメラマウントの関節の角度を調整して、カメラが若干上向きに付くようにしたのと・・・

革パンの裾は両面テープを剥がして、元の切りっ放し状態に戻しました!

やっぱりバイク用のパンツは、部屋の中では裾を引きずるくらいがベストなんですな。

|

« 大笹牧場ツーリング | トップページ | 道志の森デビュー(Day1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大笹牧場ツーリング | トップページ | 道志の森デビュー(Day1) »