« 2019 FIM トライアル世界選手権 Rd2 日本GP | トップページ | 白浜ツーリング2019(1日目) »

2019年6月16日 (日)

プレマシーのマフラー交換とVTのバッグサポート取付直し

先週雨の中走行したままになっていたVTのワックスがけを行い、ジャッキアップしてチェーンに注油をしました。クラッチワイヤーの注油も。

そして、従前から難ありだったマウントブラケットとバッグサポートの併用について、昨夜見たとある動画を参考にバッグサポートの取付方法を変更することにしました。

バッグサポートの後ろの固定方法について、今まではバッグサポートに付属のロングボルトでバッグサポートをマウントブラケットとフェンダー(シートレール)の間に挟み込む形で留めていました。これもネット上で同じことをしている写真を参考にしていたのですが、これだとバッグサポートの後方と下方が内側に寄ってしまうので、バッグを付けた際にバッグの下方がスイングアーム(リアアクスル)に当たるような感じになってしまうのです。それを防止するために補助ステーを付けてましたが、この方法なら補助ステー無しでも干渉しなさそうです。

その方法とは、バッグサポートの後ろの固定には付属のロングボルトは使わず、シートレールは純正ボルトで固定し、バッグサポートはマウントブラケットの外側に別途(作業途中に車でホームセンターへ行き) 購入したM10の40mmボルト(とナット)で固定するというものです。これだと後方が外側に張り出す形になりますが、バッグを固定するうえではむしろこのくらいで丁度良い感じです。

Img_20190616_121614

そして、バッグの取付時には、前側のストラップを従来のマウントブラケット巻き付け方式から、シートレールの隙間を通す方式に変えることでバッグの取付位置を上気味にし、バッグ下方の干渉を防ぎました。

Img_20190616_130852

良い感じです。

さて、そして本日のメインイベントは、注文から約2か月かかってようやく届いたプレマシー用マフラーをディーラーで取り付けてもらうこと。

ナット等はマフラーに付属してますが、マフラーのメインパイプの接続部のスプリング(2個)は再利用不可とのことでディーラーに注文しておきました。

いきなり装着後の写真です。

Img_20190616_120142

TRUST製ビートマックスTiマフラーです。メーカー公式HP上では販売終了品となっているので、ショップの在庫品と思いきや受注生産で待たされたのでした。

メインパイプから排気漏れしたマツダスピードマフラーよりアイドリング音量は小さくなりましたが、不快な音と振動から解放されて、良い音になりました。

Img_20190616_120158

インナーバッフルは脱着可能ですが、付けたままです。

購入前から気になってはいたのですが、砲弾型という形状から地面に近くなるので、輪止めに要注意です。

|

« 2019 FIM トライアル世界選手権 Rd2 日本GP | トップページ | 白浜ツーリング2019(1日目) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 FIM トライアル世界選手権 Rd2 日本GP | トップページ | 白浜ツーリング2019(1日目) »