« 冬休みスキーin斑尾高原(2日目) | トップページ | 舞子スノーリゾート(1日目) »

2018年12月29日 (土)

冬休みスキーin斑尾高原(3日目)

3日目の朝は、「白樺」という違うレストランだったのですが、ここは第一リフト降り場が見える場所で、「ここまでつながってたんだ」って分かりました。

 

Img_20181229_075508_r

 

 

のんびり8時近くに食べ始めました。

 

Img_20181229_075514_r

 

10時前にチェックアウトして、今日もエリア券の1日券に引き換えてもらいました。荷物を車に入れようと恐る恐る行ってみると・・・。

 

Dscf0108_r

 

 

 

まずは手ぶらで来るべきだったと思いましたが、もう荷物を持って来てしまったので、料金所から雪掻き道具を借りて、荷物を持ちながら片手で雪掻きを始めました。片手ではなかなか進まないので、雪の上に荷物を置いて、左スライドドアだけ開けられるように集中的に雪掻きをして荷物を入れました。

 

※ここから先、かなり打ったのに、消えてしまったので、打ち直し。同じ内容が再現できるか・・・。

 

10時過ぎにスキー開始。昨日まで動いてなかった第13リフトが動いていたので、早速乗って山頂に行ってみました。ここは絶景ビュースポットのはずですが、この有様。

 

Dscf0113_r_2

 

かなりの降雪量に、11時半頃レストラン「バンフ」に避難しました。

 

Dscf0114_r_2

 

次男の連れ?「まさる」がこんなに雪まみれに。

 

Dscf0116_r_2

 

30分程スマホゲームをしながら休憩した後、引き続きお昼休憩に突入。

 

Img_20181229_113653_r_2

 

 

 

チーズハンバーグカレー(1,300円)をいただきました。

 

Img_20181229_120703_r_2

 

午後もずっと雪が降ってて視界不良。でも、圧雪コースを含めてパウダースノーの深雪状態で、ずっと浮遊感覚を味わえました。

 

この高飛び込み台のようなとこは、昨日の夕飯の時にビデオで見た場所。今日ようやく実物を見ることができました。

 

Dscf0119_r_2

 

昨日まで閉鎖されていた非圧雪のツリーランコース「NINJA」にも行ってみました。まずもって、入口が良く分からず、誰かが入った跡を見て、「ここから入るの?」って感じで恐る恐る入って行くと、膝上まで埋まる程深い雪

 

木の間を縫って滑るのですが、それは序盤だけで、途中からはボブスレーのような狭いコースになり、視界の効かない状況下ではスピードを抑えながら滑りたいので、ひたすら弱ボーゲンで進み、腿がパンパンになりました。

 

15時過ぎにスキーを終えて、駐車場に行ってみると、通路を塞ぐように斜めにスタックしている車がいたり、そこらじゅうで雪掻きしている人がいたりと、地獄絵図状態。

 

料金所に雪掻き道具を借りに行くと、まさかの売り切れ状態。

 

唯一隣りの車がいなくなった後に放置されていた道具1本で雪掻きを始めましたが、らちが明かないので、駄目元でホテルのフロントに行くと、奥から金属とプラスチックのスコップを出してくれて、「どちらが良いですか?」と言うので、両方貸してもらいました。

 

ここからはスピードアップ。車のいない側は割と早くできましたが、車のいる側は作業効率が非常に悪くなかなか掘り起こせません。もはや車の発掘作業です。

 

Dscf0125_r_2

 

このままじゃ暗くなってしまうという恐怖に焦りを感じながら、一心不乱に掘って行きました。車を動かせそうなくらいになった時、この後ホテルのお風呂に入るのですが、その間にもまた積もってしまうので、より安心できるように、チェーンを巻いておこうかと取り出したのですが、それはそれで時間がかかりそうなので、巻かずに車を動かしてみると、脱出可能であることが確認できたので、その状態でお風呂に行くことにしました。

 

ホテルのフロントで道具を返し、チェックイン時にもらった、チェックアウト後の入浴無料券を見せると、ハンドタオルを2枚くれました。すごいサービスです。入浴券を返されたので、「これはどうすれば良いんですか?」と聞くと、「お風呂の受付で渡してください」とのこと。受付なんてあったかなと思いながら、いつもとは違うフロントに近い階段を降りて行くと、受付がありました。あれ?別のお風呂?と一瞬思いましたが、入って行くと、いつもと逆方向から廊下を歩いているだけで同じお風呂でした。

 

お湯に浸かりながら時計を見ると、1時間以上車発掘に格闘していたんだなぁと知りました。

 

17:22 駐車場出発

 

駐車場の目の前の道が両方向渋滞していて、出て行くのを躊躇していると、係の人が直進しても長野方面に行けるからと教えてくれて、来た道(まだらおの湯を通る道)とは違うルート(県道97号)で帰りました。前方を走るチェーンを巻いた路線バスが徐行していたので、そろ~り、そろ~りと雪道を下って行きました。途中上り坂になって、止まったら動けなくなるかもしれないと思いながら慎重に走っていると、上りはすぐに終わりました。

 

豊田飯山ICから高速に乗ってもまだ雪道。

 

18:17~19:22 やっとの思いで、小布施PAの「道の駅オアシスおぶせ」に到着し、ここで夕食休憩を取りました。

 

Dscf0128_r

 

かつ煮定食を頂いてあったまりました。

 

Dscf0131_r

 

このあとは、路面に雪はなく、渋滞もないどころかずっと車が少なかったです。

 

20:50~21:10 上里SAにて小休止。次男は小布施を出てから少しして寝入ってしまい、起こさずに・・・。車に戻ってもまだ寝てました。

 

22時半頃には帰宅できそうと思ってたら、地元の踏切で5分程つかまり、22:40に帰宅しました。

 

Dscf0140_r

 

往復走行距離:577.9km

 

修行のようなスキーでしたが、2泊してゆっくりできたし、深雪を堪能できて楽しかったです。次男も良く滑ってくれました。

 

 

 

 

 

|

« 冬休みスキーin斑尾高原(2日目) | トップページ | 舞子スノーリゾート(1日目) »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬休みスキーin斑尾高原(2日目) | トップページ | 舞子スノーリゾート(1日目) »