« 谷津干潟自然観察センターまでタンデムプチツー | トップページ | バイクのバッテリ点検 »

2018年1月26日 (金)

銚子へ超極寒ツーリング

今日は年休。平日ツーリングへと行って来ました。

連日最低気温氷点下の、33年振りという大寒波ですので、防寒対策を万全に。

Screenshot_20180126202452_r

と、その前に・・・。

熱々の紅茶を入れて、ステンレスボトルに。蓋がコップになるタイプのものがなく、ダイレクトに飲むタイプなので、火傷してしまいそうだから、紙コップも用意。

さらに、ミニ和菓子をいくつかタンクバックに。すると、それを目撃した妻が、「おやつも持って行くの?水筒も持って。楽しいね~。」って。

防寒対策は、スキー用の厚手の靴下に、ユニクロのヒートテックタイツ、両ポケットに使い捨てカイロ(昨日仕事帰りに購入)を入れたジャージ短パンを履いてからユニクロのフィルム入り防風ジーンズ。さらにニー・シンガードの膝部分のカイロポケットにも使い捨てカイロを挿入(初)。

ニー・シンガードとは、これのこと(今日の写真じゃないけど)。

Img_20180114_133443_r

アメリカンスタイルのバイクでは、ズボンの裾から風が入って脚が冷えまくるのでこれを買ってからはとっても重宝してます。ももの部分は丸出しなので短パンジーンズで対策というわけです。

上半身は、ユニクロのヒートテックタートルに、裏起毛のトレーナー、ダウンジャケットに革ジャン。

ネックウォーマーで首周りもガード。

パートに出掛ける妻を見送ってから、バイクのエンジンスタートん?かからん。

最近初始動時のセルモーターの回りが元気なかったから、ほんの少しは覚悟してたけど、まさか。

フューエルインジェクション仕様なので、キャブ車でできた押しがけもできないじゃん。やみくもにセルを回し続けてもバッテリを消耗するだけなので、一度休ませるために、玄関からメットとタンクバックを取って来て・・・。

もう一度キーをONにすると、時計が1:00、トリップメータが0に。リセットされてる。

祈るようにスタータボタンを押すと、何とかかかりました。かかってしまえば発電するので大丈夫なはず。

リセットされる前のトリップメータを見た記憶が正しければ、満タンから65kmくらいしか走ってなかったと思うけど、リセットされて給油タイミングが分からなくなってしまったし、タイヤの空気圧調整もしたいから、まずはへ。

なるべく充電したいので、エンジンをかけたままタイヤに空気を補充。続いて給油。ここはエンジンを切らないと。満タンにしてからエンジンをかけると問題なくかかりました。

9:40頃出発

なるべく高速は使わずに・・・国道6号から国道464号へ。北総線大町駅を過ぎたところからコチョコチョとナビ任せに曲がりながら再び国道464号へ。目的地方面からは外れますが、国道16号を南下して最初の休憩スポット、道の駅八千代ふるさとステーションへ。ちょうど1時間走った10:40頃到着。

Img_0717_r

農産物直売所は大盛況。新鮮で美味しそうな野菜が揃ってました。車なら買って帰って「余計な物買って来た」って言われそうなところですが、今日は海の幸のお土産狙いで保冷バッグと保冷剤をサイドバッグに忍ばせているので、何も買いませんでした。

温かい紅茶とミニ最中。紙コップに入れた紅茶を持つと、冷えた手が温まります。

再び国道464号に復帰し、例の高速道路のようなスカイアクセス線沿いの道へ。あれ?信号がいっぱい。国道464号は、2車線の道路が2段になっていて、線路沿い側が信号がなくて、外側は信号があるんですね。

Actp0004mov_000114136_r

後から思えばこの標識で右に入っていれば、下段へ移れたのですが分からず直進してしまったのです。しばらく走って次のチャンスで下段に移りました。

Actp0004mov_000508192_r

これが例の「この道路は高速道路ではありません」の標識です。制限速度70kmですが、70km出すと寒いです。

成田空港が近付くと、以前グアム旅行で前泊したANAホテル前を通過。沿道には雪が・・・。

Actp0006mov_000049874_r

成田空港の管制塔が見えたところを左折して県道44号へ。12時過ぎに2つ目の休憩ポイント、道の駅くりもとに到着。

Actp0008mov_000115524_r

この雪の量にバイクってちょっとシュールな写真

Img_0721_r

既に昼時ですが、ランチスポットは計画通り銚子ということで、ここも紅茶とミニナボナ。

銚子を目指してレッツゴー日陰にはこんな残雪というか、氷が・・・。危ない危ない。

Actp0009mov_000015858_r

利根川の手前を右折して国道356号へ。

Actp0012mov_000001134_r

銚子の漁港を通過して、間もなく目的地。

Actp0014mov_000169585_r

13:40頃ウオッセ21到着。

Img_20180126_134534_r

うおっせに入店すると、平日だし時間も昼時を過ぎていて閑散としてました。

計画してた時には、海鮮丼的なものをイメージしてたのですが、体が冷え切っていて刺身より天ぷらに惹かれてしまい、ジャンボ穴子天丼(税抜1,400円)を注文。

美味しいけど、さすがに脂っこくて序盤で早くも後悔。

Img_20180126_135950_r

食後は、隣りの販売所へ。こちらも平日というのと時間帯のせいか、以前来た時のような活気がなく、閉まってる店も。

お土産に何を買おうか迷いましたが、せっかく保冷バッグも持ってきたことだし・・・選んだのは、子持ちイカ。イカにししゃもの卵を詰めて輪切りにしたもの。つまみに最高とか。有料の保冷剤もサービスしてくれました。

ウオッセ21を出発したのは14:40頃。こりゃ帰りは高速を使わないとまずいな。でも本当の目的地、屏風ヶ浦の絶景は見に行くぞ~

海へ出たところで記念写真。

Img_20180126_144320_r

犬吠埼の灯台は走りながら見ただけ。

Actp0015mov_000438504_r

ドーバーラインなる道を進んでいると、目の前の視界に屏風ヶ浦が入って来た時には感動しました。

Actp0015mov_000656915_r

「屏風ヶ浦」の案内看板がありましたが、きっと遠くから眺めるだけの場所だと思って通過。ネットで断崖絶壁の上にバイクを止めた写真をいくつか見て、同様の写真が撮りたいと思って、もっと近くへと進みました。

ところが、ドーバーラインが終わり、国道126号に出てしまったではありませんか。

もう時間も押してるし、そのまま帰ろうかとも思いましたが、せっかく屏風ヶ浦を目指してやって来たのに、走行中に眺めただけで帰るのもどうかと思い、引き返しました。

でもどう見ても崖上に出られるような場所はなく、結局「屏風ヶ浦」の看板を入ることに。まぁ、バイクと屏風ヶ浦のツーショットが撮れただけでも良しとしますか。

Img_20180126_151639_r

崖上の写真は、以前は入れたけど今は入れない場所なのか、良く分かりません。

もう15:20。ヤバいよ、ヤバいよ

日が出てるうちに帰宅するのは絶望的だな。

ドーバーラインの再放送。さっき引き返した国道126号をつっきって、風車が乱立するエリアへ突入

Actp0020mov_000005054_r

次の休憩スポット、空の駅風和里しばやまを目指します。ナビ任せで国道296号の裏道を走り、16:30頃到着。

最後の紅茶はもうぬるくなってました。 最後のお菓子はミニ栗どら焼き。

Img_20180126_163235_r

以前来た時は、離陸していく飛行機が見えましたが、今日は着陸する飛行機を間近で見ることができました。

Img_20180126_164721_r

16:50頃出発。すぐにセルフスタンドがあったので給油しました。

195.9km÷7.23L=27.09km/L

そして酒々井ICから高速に乗りました。日も暮れたのと、高速走行との相乗効果で手が限界です。その他の防寒は結構できてそうなんですけどね。

ノンストップで帰りたかったですが、手がやばかったので幕張PAで小休止。缶コーヒーを買って、しばらく飲まずに手を温めてました。

18:30頃無事帰宅。速攻で風呂

本日の走行距離:250.9km

Img_20180126_182910_r

今回は距離的に計画に無理があったようです。バッテリー、大丈夫かなぁ。防寒対策の課題は手ですな。

|

« 谷津干潟自然観察センターまでタンデムプチツー | トップページ | バイクのバッテリ点検 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷津干潟自然観察センターまでタンデムプチツー | トップページ | バイクのバッテリ点検 »