« バイクで入間航空祭 | トップページ | リベンジ!なめパックン »

2017年11月 4日 (土)

CX-3

早いものでプレマシーも購入後8年が経過しました。

今日は、12ヵ月点検。ディーラーからの案内DMに代車一新とあり、用意してくれたのはCX-3。点検は昼までに終了する予定ですが、代車は18時までOKとのこと。

Img_20171104_110253_r

ドライビングシートに座った第一印象は、ダッシュボードやドアのガラス位置が高いため、相対的に着座位置が低く感じ、スポーツカーに乗っているような感覚になりました。ドアを開けて降りると、地面からの高さはスポーツカーのように低くはないのです。

プレマシーに比べて視界的に不安になり、初めはシート高を少し上げて乗った方が安心感がありましたが、徐々に下げて行きました。これは慣れの問題です。元々スポーツカー好きなので、着座位置が低く感じるのは僕にとっては悪くはなかったです。

せっかくなので、CX-3でお墓参り。昨日に続いてまた次男と2人でのおでかけ。

Img_20171104_133542_r

1.5リッターのディーゼルターボエンジンの特性というかミッション(ギア比)の特性も混ざると思いますが、出だしがとってもマイルド。でもモッサリ感とは違いました。踏み込めばブーストが効いて中間加速は良い感じですが、飛ばす車ではない気がしました。助手席の次男が、乗り心地がとても良いと絶賛してました。

そして、下り坂や減速時に、プレマシーだとシフトダウンしたくなるようなシーンで、CX-3だとアクセルオフだけで程良くエンジンブレーキが効くのが好印象でした。フライホイールが軽いマニュアル車に乗ってるような感覚です。

お墓参りの帰りにそのままディーラーに直行し、プレマシーに乗り換えたら、出だしのクイックさにちょっと恐怖感を覚えました。このクイックさがお気に入りのはずだったのですが。

CX-3に比べると、繊細なアクセルワークが求められます。ちょっと乗りにくい印象が・・・。すぐ感覚が戻ると思いますが。

※(私のプレマシーまでの)以前のマツダ車は全てをスポーツカーにするというコンセプトがあったようですが、プレマシーの最終モデルではギヤ比が見直されてマイルドになってるそうです。

|

« バイクで入間航空祭 | トップページ | リベンジ!なめパックン »

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイクで入間航空祭 | トップページ | リベンジ!なめパックン »