« スキーストック加工 | トップページ | VT750S 初車検 »

2017年3月 4日 (土)

日帰りスキー in ASAMA2000

今日は、今シーズンの滑り納めとなる日帰りスキーに久々にASMA2000に行ってきました。

朝5時半に起きて6時頃出発

いつも通り東北道ルートです。

7時前に蓮田SAにて朝食休憩。

Img_20170304_065304_480x640

豚汁定食を食べました。

珍しくこの先東北道が渋滞とのことで、スマホのナビでは、圏央道から関越に逃げるよう案内していましたが、どちらも渋滞表示だったので、慣れている北関東道ルートで行くことにしました。

帰宅後に確認したところ、圏央道ルートと北関東道ルートとでは料金的には差がないようです。

北関東道→関越→上信越道というルートで9時半に甘楽PAにて小休止。

Img_20170304_093011_480x640

桑の葉ソフトクリーム。

Img_20170304_093503_480x640

碓氷軽井沢ICから一般道に降りて、ASAMA2000到着直前は結構きついワインディングでした。雪道だったらプレマシーだと登れなかったかも

11:20頃、ASAMA2000到着。

Img_20170304_111820_640x480

着替えて、12時過ぎにゲレンデへ。

Actp0001mov_000213441_640x360

日焼けしそうな程のピーカン。

長男の滑りは間違いなく進化してます。僕とは真逆の感覚派なので、何も考えずに滑ってるみたい。

Actp0006mov_000215814_640x360

ここ、ASAMA2000は、昔テクニカルプライズに挑戦したスキー場。今日はポールバーンが競技のため貸切になってましたが、ゲレンデはご覧のとおり空いていて、のびのび滑れました。片斜面の多い菅平と違って、ゲレンデ下方に向かってきれいなフォールラインとなるゲレンデばかりで練習にもってこいです。

13時前にCANADYというレストランで昼食にしました。

Actp0007mov_000244051_640x360

ビーフカレーなり~。大人の辛さで美味しかったです。

Img_20170304_130516_640x480

午後は、ウェアラブルカメラを長男に装着してもらってフォームチェック。といっても映像の確認は帰宅後なのですが・・・。

Actp0008mov_000521540_640x360

前回と今回と、長男の滑りを見て、自分の悪いところを修正するという流れ・・・。

僕の中では、ナロースタンスで体軸を内倒させるイメージです。

Actp0008mov_000555889_640x360

浅間山の火口からは水蒸気?が・・・。

次男もプチレッスンの後、別人のような滑りになりました。

Actp0012mov_001272019_640x360

15時半過ぎに無料休憩所でちょっと休憩。ここは自販機もトイレもない、乾燥室のような場所でした。

 

Actp0012mov_001405919_640x360

休憩後に何本かラスト滑走。

Actp0013mov_000853756_640x360

リフト営業終了の16時半まで目一杯滑りました。

片付けをして、17時頃スキー場を出発しました。

碓氷バイパス経由で一時間程で『峠の湯』へ。大人600円、小学生400円で入れるとってもきれいな日帰り温泉です。

Img_20170304_180255_640x480

お風呂上りに夕飯もここで済ませました。もつ煮丼。

Img_20170304_185520_640x480

入館時に入浴料を支払い、食事代等館内追加料金は、リストバンドで会計して退館時に精算するシステムなのですが、19時半頃退館手続きする際に入館時には気付かなかったTIMESカード提示で10%割引の表示が目に入りました。思わず声を上げると、入館時に提示する必要があるので、次回利用時にはご提示くださいとのこと。失敗しました。

帰りは、松井田妙義ICから上信越道に入り、ひたすら関越のルート。20時半頃、高坂SAで休憩してお土産購入。渋滞知らずで、22時過ぎに帰宅しました。

本日の走行距離:460.9km

Img_20170304_220416_640x480

今回実は計画段階で、丸沼、軽井沢プリンスなどと迷ったのですが、空いてて雪質抜群のASAMA2000で正解でした。家族みんなに好評でした。

暖かかったので軽井沢プリンスだとベチャベチャだったかも?

これで今シーズンのスキーは終了です。

|

« スキーストック加工 | トップページ | VT750S 初車検 »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スキーストック加工 | トップページ | VT750S 初車検 »