« 舞子スノーリゾート(2日目) | トップページ | スキーストック加工 »

2017年2月25日 (土)

タンデムツーリング~アミューズメントパーク

長男が学年末試験直前なので次男と2人で久々にバイクでお出掛け。

アミューズメントパーク茨城県自然博物館に行ってきました。

Img_20170225_105836_640x480

新調して出番のなかったディスクロックとリマインダーを使ってみました。アメリカでレンタルしたハーレーの写真を思い出します。

防寒対策、バイクのワックスがけ、空気入れなどなど、出発準備に予想以上の時間がかかり、9時40分頃出発。

江戸川沿い(西側)を北上するルートで野田橋を渡って埼玉→千葉→茨城と県境を越えて、10時45分頃に博物館に到着。駐車場係に二輪駐輪場の場所を確認しようとしたら、空いてるから車のスペースに止めて良いとのこと。

Img_20170225_105031_640x480

自分同様、タイツに裏地付きジーンズにオーバーパンツという完全防備。タンデムシートの次男は僕の陰に完全に隠れるらしく、風が当たらないから暑かったとのことです。

入館料は大人通常530円なのですが、「アンモナイト・ワールド」という企画展示期間中のため740円。小・中学生は通常100円が140円になるのですが、今日は土曜日で小・中学生無料の日。

入るとすぐに巨大なマンモスの骨格標本がお出迎え。

Img_20170225_110541_640x480

次男は、「マンモスってこんなにでかいの?」って驚いてました。

順路に沿って宇宙のコーナーからスタート。動く恐竜がいるという第2展示室はリニューアル工事中につき閉鎖中。残念ですがこれは織り込み済みでした。常設展示室を全て見終わった時点で既に12時を回っていたので、企画展示室を見る前にレストランで食事にしました。

僕が食べたのは、企画展示とコラボした特別メニューらしき、チキン南蛮丼アンカケ・ワールド

Img_20170225_122221_640x480

ボリューム満点で美味しかったです。ちなみに次男はナポリタン。頑張って完食してました。

食後はお土産屋を下見してから博物館に再入場して企画展示「アンモナイト・ワールド」へ。

Img_20170225_130038_480x640

巨大なものから、不思議な形のもの、七色に輝く美しいものなど、こんなにたくさんのアンモナイトを見たのは初めてでした。

全ての展示を見終えて、次男にはお土産に記念メダル(名前と日付を刻印)を購入。留守番の長男にはお土産屋でステゴサウルスの形をした金のしおりを購入しました。

そしていよいよ、次男が楽しみにしていた貝の化石掘りをしに野外コーナーへ。大きな公園を歩いて自然発見工房に着くと、どこにそのコーナーがあるのか分からず、係員に質問。申込書に記入して持ち帰り用ビニール袋とスコップを受け取り、説明を受けました。

いつもは時間にルーズな次男が真剣に「(制限)時間は?」と質問していたのがおかしかったです。特に制限時間はなく、終了の16時半までにスコップを返せば良いとのことですが、係員曰く「1時間くらいで飽きちゃうと思うんで・・・。」

まぁ、そうでしょうね。2人やる気満々で教わった貝化石採集場所(砂場)に行きました。

Img_20170225_141227_640x480

貝殻は無数にあるのですが、最近のものなのか十数万年前の化石なのか全く分からず・・・。

石にめり込んでる風のやつとかを重点的に探しながら、1時間くらい掘っていたでしょうか。持ち帰り可能な1人5個の制限を超えていたので、厳選して5つずつ持ち帰りました。

15時過ぎにパークを出発。帰りはナビの指示通り混雑を回避して往路とは若干異なるルートで、多少間違えてロスしつつ、16時半頃無事帰宅しました。

帰宅直後に持ち帰った化石を水洗いしました。中々楽しいツーリングでした。

本日の走行距離:76.7km

Img_20170225_163547_640x480

|

« 舞子スノーリゾート(2日目) | トップページ | スキーストック加工 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞子スノーリゾート(2日目) | トップページ | スキーストック加工 »