« 初滑りin菅平高原スノーリゾート(1日目) | トップページ | 葛西臨海水族園 »

2016年1月10日 (日)

初滑りin菅平高原スノーリゾート(2日目)

Dscf0121 菅平2日目です。7時に起床して食堂へ。今日は昨日にも増して良い天気のようです。食堂の窓からは天狗ゲレンデが見えます。違う窓からはパインビークエリアも見えました。

日の出ゲレンデのリフトが先に動き出して、滑ってる人も見えたのに、天狗ゲレンデのリフトが全然動く気配がなく、万が一動かなかったら、日の出まで歩くより、車でパインビークエリアに行ってみようかという話をしていたら、無事に天狗リフトも動き出したので、移動せず太郎エリアで滑ることにしました。(ダボスエリアは歩くため、家族に不人気です。)

Dscf0128 9時過ぎにチェックアウトして出撃

フロントに、昨日はなかったリフト割引券の案内があり、大人は2日券を買うよりその1日券を2回買う方がとってもお得だったのですが、今更です。2日券だから今日はリフト券売り場に並ばなくて済むし。以前天狗ゲレンデのリフト券売り場が長蛇の列だったことがあったのですが、今回はガラガラでした。あれ?

昨日はゴーグルでしたが、ゴーグルだと滑走中に(ゴーグルが風圧で押し付けらるせいだと思うのですが)使い捨てソフトコンタクトレンズが浮いてきて、レンズが外れないように目を細めたり非常に不便なので、今日はサングラスにしました。昨日より日差しも強そうだし。

Actp0014_mov_20160112_200629367 ということで、ウェアラブルカメラはゴーグルへの装着ではなく、ヘッドバンド仕様で使いました。ニットの帽子が黒いからあまり目立たないし。ヘッドバンドで頭頂部のバンドも付くと、カメラの重さを感じづらいし、カメラの揺れも少なくなりました。

この天狗クワッドリフトのプーさん(新調したようでとてもきれいでした。)の写真は、ヘッドカメラ映像のキャプチャです。

Dscf0133 昨日滑らなかった日の出ゲレンデ。

練習には最適です。

空いてたのでバンバン滑りました。

いつもならリフト脇にコブができてるのですが、そこは雪不足で駄目でした。

もう1箇所昨日行ってなかった白金シュワルツゲレンデにも行ってみようとしましたが、下のマックリフト待ちの群集が尋常ではなかったので、白金→表太郎→日の出連絡コースへ逃げました。

Actp0019_mov_20160112_201231588 こちらもヘッドカメラからのキャプチャですが、封鎖中の表太郎を横切るところです。

恐ろしいくらい雪がないです。ここから下はちゃんと雪があって圧雪整備されてましたが、表太郎全体が閉鎖されてて残念でした。(連絡コースとして横切ることだけできました。)

日の出に戻って、11時前に休憩したのですが、お昼には早いのでソフトクリームを食べました。(別に何か食べなきゃいけないわけではないのですがね。

お昼は、リフト待ち覚悟で白金シュワルツゲレンデを降りました。ここも気持ち良いバーンです。後半斜度がありますし。

13時前でレストランの混雑が心配でしたが、運良くすぐに席が確保できました。

Actp0032_mov_20160112_201357637 食後は長男がウェアラブルカメラを付けたいというので長男のゴーグルにセットしました。長男は帽子ではなくヘルメットなので頭頂部のバンドがなくてもとても安定してました。

長男のゴーグルカメラに写るように意識して滑ってみました。この直後に調子に乗り過ぎて左旋回中に右腰(外腹斜筋の下部?)に激痛が走り、数ターンの後停止。腰を押さえてたたずむ姿が動画で映ってました。

もう滑れないかも?帰りの運転やばいかも?くらいな感じでしたが、だんだん痛みが(少しだけ)和らいできたので、その後も何本も滑っちゃいました。

15時過ぎにスキーを終えて、ホテルの駐車場で帰り支度。

15:45 ホテル発

ちょうど太陽の方向に向かって走る形で、汚れたガラスに乱反射して前がほとんど見えない状態で、ウォッシャー液を出そうにも凍っているようで全く出ず、危険なので路肩に止めて窓を拭きました。グローブボックスに入ってた(合成)セームがかぴかぴに乾いてたのでウェットティッシュで頑張ってきれいに拭いたつもりが、運転席に座ってみると拭いた跡が見事に模様になってこれまた見辛いこと。でもこれで視界は確保できました。

Dscf0185 カーナビのセットをしなくても日帰り温泉施設に行けると思ってたのですが、逆光で標識が全く読めず、曲がるべき交差点を過ぎてしまい、ちょっとだけ戻ることになりました。

16:15~17:20 ふれあいさなだ館

上信越道を走りながら、帰りのルートを関越道にするか東北道にするか悩み、横川SAで夕食休憩してから状況判断しようとしたのですが、夕飯には早かったので通過し、関越道ルートに覚悟を決めたところ、電光掲示板に渋滞情報が出始めたので、再び迷った末、藤岡JCT手前のららん藤岡で夕飯を食べて状況を見ることにしました。

Dscf0189
18:30~19:25 ららん藤岡にて夕食休憩

Dscf0198 入ったのは初めてのピビンバ店。僕以外の3人は石焼ピビンバを、僕は海鮮スンドゥブチゲ御膳を注文しました。スンドゥブは美味ながら結構辛くて、せっかくお風呂に入ったのに、顔が汗だくになっちゃいました。

なかなか良かったので、また利用したいです。

出発前に道路情報モニターで渋滞状況を確認して、若干の渋滞があるものの関越道ルートで帰ることにしました。

20:30~21:00 三芳PAにて休憩

Dscf0207 21:45 帰宅

本日の走行距離(復路):241.1km
2日間の走行距離(往復):510.0km

今回は、直前に雪不足が深刻な万座温泉スキー場から菅平高原スノーリゾートにホテルの予約を変更したのですが、3連休にしては渋滞もあまりなく(往路は渋滞なし)、スキー場もリフト待ちがいつもより多かったけど、満足いく滑走ができたので菅平にして良かったです。

|

« 初滑りin菅平高原スノーリゾート(1日目) | トップページ | 葛西臨海水族園 »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初滑りin菅平高原スノーリゾート(1日目) | トップページ | 葛西臨海水族園 »