« 九十九里でキャンプ(2日目) | トップページ | 東京ディズニーランド »

2015年5月30日 (土)

伊豆半島うなぎツーリング

昨年の夏に悪天候のため中断となった白浜ツーリングで行く予定だった河津のうなぎ屋でうなぎを食べるべくリベンジツーリングに行ってきました。

【目的地】
うなぎの店 大川屋

【天候】

【参加メンバー】
Oさん YAMAHA YZF-R1
Hさん HONDA GOLD WING(社用車?)
Iさん SUZUKI GSX-R1000
Yoさん SUZUKI GSX-R750
Yaさん TRIUMPH STREET TRIPLE
私 HONDA VT750S

【ルート】
※一部簡略化してます。

往路

復路

【走行距離】
494.0km

【レポート】
朝5時半に起きて、朝食を食べて6時20分頃出発

集合場所の海老名SAに集合時間の7時45分より10分程早く到着。既にYoさんとYaさんが到着してました。Yaさんは、前回のKawasaki ZRX-1100からTRIUMPH STREET TRIPLEに乗り換え。買い換えるつもりで店に行ったわけではなかったのに、店頭で実車を見て衝動的に乗り換えちゃったというからすごい。

Img_0002

その後、Iさんが到着し、Hさんの到着を待っていると、所有車のHONDA BLACK BIRDではなく、GOLD WINGに乗って登場

なんだかんだで話し込んでしまい、気付けば出発予定時刻の8時を過ぎていて、8時20分頃出発。大観山でOさんと9時に合流する予定なのにマズイ。

予定では、小田原厚木道路からターンパイクに行くつもりでしたが、Iさんがスマホで道路状況を調べたらターンパイクが渋滞していて箱根新道の方が空いてそうとのことで、そちらのルートを採用しました。スポーツバイクだとターンパイクを攻めるのが楽しいと思いますが、僕は車の流れに乗って走る箱根新道で十分でした。

予定より10分遅れくらいだったでしょうか?大観山に到着。当然Oさんは待っていました。前回と違って富士山が綺麗に見えてました。素晴らしい青空です。恒例の記念撮影。

Img_0009

ターンパイクの100円区間を回避する形で、箱根峠経由で県道20号へ。ここでとてもショッキングな現場を通りました。進行方向路肩にワンボックスカーが止まっていて、対向車線路肩に1台のバイクが止まっていて、何台かサイクリング自転車が。その先にバイクが1台横たわっていて「事故」と確信し、ライダーは無事なのか?と見回したら、対向車線路肩で心臓マッサージをしているではないですか。なんとか一命を取り留めてくれと祈りながら、自分自身もより一層安全運転をしなければと気を引き締めました。

冷川ICまで伊豆スカイライン(470円)を走り、県道12号沿いのガソリンスタンドで給油(レシート時刻11:11)。

Img_0013

計算燃費:181.7km÷7.01L=25.92km/L

毎度のことながら惚れ惚れする燃費です。

県道349号経由で国道414号へ。12:15頃浄蓮の滝到着。やっぱりここは“わさびソフト”でしょう。

Img_0014

ちゃんと?下まで降りてマイナスイオンを感じながら滝を見てきました。

Img_0018

以前ネットで購入した格安のカメラステーをハンドルに取り付けて車載映像も撮りました。ブレブレの映像でしたが、ループ橋走行動画はなかなかの雰囲気でした。

Img_0023

国道414号から県道14号に入り、12:50頃本日の目的地であるうなぎ屋さんに到着。去年Hさんが行った時臨時休業だったとのことで、今回は何日か前に営業していることを電話で確認しておきました。予約しなくても大丈夫との言葉通りすぐに入ることができました。

Img_0025

こちらが、うな重(並)2,500円也

Img_0026

決してにやさしくないですが、それは承知の上。価格に値する絶品でした。

ここから先のルートはノープラン。皆で話し合った結果、まずは白浜の下見?に行くことにしました。シーズン前の白浜は人混みがなくてめちゃめちゃキレイでした。

Img_0029

メーターの写り込みと角度の自由度を増すために、車載カメラのステーを付け直し。

Dcf00001

出発しようとしたら、Iさんの同僚のスコットランド人の方がちょうど白浜に来ているとのことで、5分で会いに来るから待っててとのこと。4人で現れた外国人。思いがけずちょっとした英会話を楽しむことができました。

Img_0033

ここから先、どうしようか再び協議の結果、松崎街道で西伊豆へ出ることにしました。国道135号→国道414号→国道15号(松崎街道)→国道136号(西伊豆海岸沿い)というルートです。

以前何度か家族旅行で泊まった堂ヶ島温泉ホテル前を通って土肥へ。

17時過ぎに土肥の松原公園花時計に到着(久々~)。

Img_0038

花時計の周りは、健康足つぼコースになっていて、一周歩くとかなり効きます。

Img_0042

ここに足湯があるとは知りませんでした。皆タオルを持ってきていて用意の良いこと。もちろんタオルを借りて僕も浸かりましたよ。気持ち良かったです。

Img_0046

今回の教訓:ツーリングにはタオルを持参すべし

特に伊豆は無料の温泉もあるらしく、タオルは必須とか。

気持ち良くなったところで、再スタート。県道18号をひた走り、最後尾で離されてしまい、単独走行してると、だるま山高原レストハウスで皆待ってました(18:15頃到着)。

 

Img_0053

ここも懐かしいスポットです。

Img_0051

沼津港で夕食を食べるか、このまま沼津ICを目指すか協議の末、東名も空いてるとのことから、沼津ICを目指して帰ることにしました。

県道18号→修善寺道路→国道414号。

伊豆縦貫道に乗る前に2回目の給油(レシート時刻19:15)。 

Img_0057

計算燃費:158.4km÷5.73L=27.64L

伊豆縦貫道の長泉ICでOさんお別れ。残りは長泉沼津ICから新東名へ。

全く渋滞知らずで20:20頃海老名SA到着。

Img_0058

に入ってたら、歩いててもすごくわかる程ぐらんぐらん揺れる地震が

都内が震度4以上の場合、業務連絡を入れなければいけないので、携帯のワンセグで地震速報をチェック。都内が震度4と分かり、電話連絡。幸い事なきを得ました。

HさんとIさんはこのまま帰るとのことでお別れし、YoさんとYaさんと3人で夕食を食べました。時間がピークを外してたせいもあると思いますが、いつも席待ちのフードコートが道路同様の空き具合で空席がいっぱいでした。

鯵やまかけ丼。お腹空いてたせいもありとっても美味しかったです。

Img_0059

不思議なくらい渋滞のない東名を走り、横浜青葉ICで2人ともお別れ。

首都高も順調で、22時過ぎに帰宅しました。

Img_0060

天候にも恵まれ、とても楽しく充実したツーリングでした。さすがに疲れたけど。

|

« 九十九里でキャンプ(2日目) | トップページ | 東京ディズニーランド »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九十九里でキャンプ(2日目) | トップページ | 東京ディズニーランド »