« グループスキー in 石打丸山スキー場 (1日目) | トップページ | 鬼足練習2回目 »

2015年2月 1日 (日)

グループスキー in 石打丸山スキー場 (2日目)

7時起床。外の天気は・・・(予報通り)

でも風がないかも。こことゲレンデの上の方はまた違うだろうけど。

7時半から朝食。

朝食は8人2家族が1テーブルに座れました。

食堂から駐車場を見ると、車が雪に埋もれてました。

Dscf0010

チェックアウト後も駐車OKで、ゲレンデ送迎もしてくれます。荷物は更衣室に置けるので、帰りの時間まで車を開ける必要がないのが助かります。チェックアウト後の入浴は不可でした。

9時過ぎにチェックアウトして、ゲレンデへ。雪は降ってるけど風がないから、昨日に比べたら格段に楽です。

Dscf0011

上の方は風があるので、一番下が滑りやすかったです。石打は一番下にも上級者コースがあるので、滑りがいがあります。

Dscf0015

リフト降り場脇でこんな人型を付けても、次に昇って来た時には穴が埋まってるほどの降雪量でした。

これ以上悪化するといけないので、頂上まで行ってみることにしました。挑戦者(?)はパパ2人と5年生2人の4人。中央第1高速リフト降り場で別れて、観光第2エクスプレス→観光第4エクスプレス→観光第3エクスプレス→中央パラダイスリフト→中央山頂高速リフトと乗り継いでやっと山頂。途中吹雪で挫折しそうになりました。

Dscf0019

山頂にある「友情の鐘」。これを鳴らしに来たんです。

Dscf0021

山頂からは、初級のメルヘンコースと上級の山頂ゲレンデの2択。猛吹雪だったので、迂回コースを平和に行こうとメルヘンコースへ。ところが、ものすごい吹雪の中、延々と迂回してると全然メルヘンじゃなく、上級コースをさっさと降りた方が楽だったようです。

山頂ゲレンデ下に合流したところで、メルヘンコースを離脱し、最短コースで既に残りの4人が休憩中のレストランを目指しました。

チロルゲレンデまで降りてくると風もなく天国に感じました。誰も滑ってないような新雪の中を気持ちよく滑ってたら、長男の同級生の板が外れてしまうハプニングが。下から見てたらなかなか見つからない様子だったので、リフトに乗って救援に行きました。すぐに見つけられて良かったです。

レストランに合流して昼食を注文。12時に注文して13時に出てくるというなんともゆっくりなお店でした。

食後に、風のない下のほうで何本か滑ったのですが、新雪だと小回りの方が有利なことを悟ったのか、次男も小回りの真似事を始めてたので驚きました。14時15分頃スキー終了。

Dscf0028

ロッヂに戻って帰り支度。天井の雪を全部どけないと開けられないという、ルーフボックスの弱点を知りました。

Dscf0029_2

15時半頃ロッヂを出発。石打丸山はICから近いのが良いですね。16時半頃赤城高原SAにて休憩。

Dscf0030

関越の混雑渋滞は始まってないようで、逆に東北道が岩槻IC付近で事故渋滞の表示だったため、このまま関越~外環ルートで帰ることにしました。

実際にはその先に渋滞が待ってましたが。

18時半過ぎくらいだったでしょうか、高坂SAにて夕食休憩としました。

19時半過ぎに高坂を出発し、20時45分に帰宅しました。

Dscf0035

往復走行距離:455.7km

|

« グループスキー in 石打丸山スキー場 (1日目) | トップページ | 鬼足練習2回目 »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グループスキー in 石打丸山スキー場 (1日目) | トップページ | 鬼足練習2回目 »