« 再び若洲海浜公園 | トップページ | 新春スキー2日目(木島平スキー場) »

2015年1月10日 (土)

新春スキー1日目(斑尾高原スキー場)

5時起床、5時半出発。

渋滞予測を見ると、通常の関越ルートでも大丈夫そうだったけど、関越は混雑渋滞だけでなく、事故渋滞も多いので、時間的に安定してそうな東北道・北関東道ルートで行きました。

6時半に佐野SAにて朝食。

道路情報を見ると、本当に関越で事故渋滞が発生していたので、東北道回りで正解だったようです。

Dscf0004

岩舟JCTから北関東道に入り、高崎JCTから関越へ。一瞬とはいえ上り線を走っているのが不思議でした。藤岡JCTから上信越道へ。

9:30 道の駅オアシス小布施で休憩

Dscf0011_2

自販機でお茶を買ったら、ぞろ目でもう1本

Dscf0012

豊田飯山ICで高速を降り、10時半頃には斑尾高原スキー場に着いていたのですが、最初に通った駐車場が第7駐車場(無料)で、もう少し番号の若い駐車場がいいなと通過したのが間違いでした。登っていくと、次に現れたのは第1駐車場(有料)で満車。そこを通過して、今度は下り坂を進むと、第8駐車場(無料)が満車。結局最初に見た第7駐車場に戻りました。10時55分到着。

Dscf0013

ここからゲレンデってどうやって行くんだろう?

Dscf0014

お隣さんに聞いてみると、駐車場のすぐ脇から滑って降りれるとのことで、帰りも滑って駐車場まで降りてこれるとのこと。意外と便利な駐車場だったのでした。その方は長野市から来られた方で、常連さんのようでした。後からスキー場のリーフレットを見たら、第1、第2駐車場が有料、第7、第8が日帰り客専用無料駐車場。3から6はないみたい。

リフト券を買って滑り始めたのが11時半くらいで、少し滑ってから12時過ぎに昼食。

Dscf0016

斑尾は大学生の時に1回来たきりなのですが、上級者コースが充実してたイメージ。ゲレンデが県境にあるんですね。

Dscf0019

一番上まで行くリフトは、懐かしのシングルリフト。子供達にとっては初体験。面白がってました。昔はこればっかりだったんですがね。

Dscf0022

Dscf0024

Pic_0101

16時にスキー終了。インフォメーションでペンションまでの道順を教えてもらって車で移動。今回の宿は、ペンション ブルーノート。2002年ソルトレーク五輪代表モーグル選手野田鉄平さんの実家だそうです。

Dscf0034

夕飯(18時半)は中華のコース料理でとてもおいしかったです。食堂には、オリンピックのゼッケンが飾られてありました。

Dscf0042

斑尾高原スキー場は今晩「火祭り」。ポスターによると打ち上げ花火(21時)やたいまつ滑走が予定されてました。オーナーさんに聞いてみると、ペンションからも打ち上げ花火が見えるとのこと。ゲレンデの方で見たかったら送迎もしてくれるとのことでした。

食後はロビーに置いてあったモノポリージャパンで遊びました。

Dscf0045

するとオーナーさんがロビーにやってきて、窓の外を見て、「ガスってきちゃったから花火見えないかなぁ」とのこと。

モノポリーは延々と終わりそうにないので、20時半までと決めて終了し、部屋へ引き上げました。

そして、恒例のボンバーマン大会。21時を回ったとき、花火の音が。ガスの中、部屋からも少しだけ見えました。屋根に遮られていたので、ロビーに下りた方がもっと良く見えたかもしれません。

Pic_0104

22時頃、しりとりをしながら消灯。

|

« 再び若洲海浜公園 | トップページ | 新春スキー2日目(木島平スキー場) »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び若洲海浜公園 | トップページ | 新春スキー2日目(木島平スキー場) »