« 自転車パンク修理 | トップページ | 江戸川区花火大会 »

2014年7月27日 (日)

沖ノ島に行ってきました。

館山には何度も行ったことがありますが、いつも北条海岸で、沖ノ島へはいったことがありませんでした。

ネットで見ると、とても綺麗な海に珊瑚の北限とのことで、一度行ってみたいと思っていたところ、ついに決行しました。

朝5時に起床して5時半に出発。

京葉道路から館山自動車道に入り、車中で朝食を食べながら6時20分に市原SAに到着しました。

Dcf00075

7時45分に沖ノ島付近に到着。自衛隊基地入口付近で路肩に車の列ができていて、「えっ?ここから並んでるの?」って思ったら基地で何かイベントがあったのか、基地訪問者の車の列だったようで、その列を追い越して沖ノ島の駐車場へと向かうと、まず入口でマナーアップのリーフレットを配っている係員がいて、それをもらってさらに進むと、途中で「満車」の表示を持った係員がいました。聞くとこの先はいっぱいとのことで、その場所に駐車するしかありませんでした。

Dcf00077

沖ノ島まで少し距離がありますが、荒井浜の時も駐車場から歩いてたので問題ないと思いました。車の後方はすぐ海。ここでタープを出してデイキャンプの準備をしている人達もいました。

Dcf00078

車の前方は海上自衛隊館山航空基地。ずっとヘリコプターの音がしてました。装備一式を持って砂浜へ。島に向かって右側に多くの日よけテントが出てて、左側が空いてました。何故だろう?と思ったのですが、事前にネットで調べたら、初心者は左手の方が良いとあったので、左側にセットすることにしました。ここで事件発生。日よけテントの収納袋のファスナーが緑錆で開かなくなってしまっていたのです。何分か格闘しましたが、最後の手段で収納袋を破って出しました。この日よけテントも補修して使っているもので、もう寿命です。現地はとにかく風が強かったので、ペグと荷物の重さだけでは不安だったので、四隅の袋状になっている部分に砂を入れてテントが飛ばないようにしました。

Img_0001

透明度の高い海に期待をしていたのですが、風が強くて水中の砂が舞って透明度は低いようでした。風は島に向かって左から右へ吹いてました。車を止めた場所で準備中に態度の悪い長男を叱ったら、長男がいじけて車付近から動こうとせず、置いてきたので、妻が様子を見に引き返し、次男と僕は磯遊び開始。

Img_0003

子供達は磯遊びが大好きで、特に次男は周りが見えなくなるほど熱中します。

Img_0005

金魚網で15cm程の魚も捕まえてたので驚きました。後で調べたらアナハゼという魚っぽいです。僕は小さい魚しか採れませんでしたが、DASH島でやってたコウイカの骨を見つけました。

Img_0007

長男も無事合流し、ポンプで浮き具を膨らませて遊びました。今回は長男がずっと欲しがっていたジンベイザメの浮き具を密かに購入して持参してました。子供達は大喜びでした。

Img_0008

水中撮影してみました。熱帯魚らしい魚は見当たりませんでしたが、ベラや・・・

Img_0013

Img_0017

小さいカワハギがいました。

Img_0020

これは、ベッコウイモガイ?この写真だと目が1つですが、2つの目と1つのかぎ爪がありました。

Img_0021

大きなボラの群れもいました。

Img_0025

あまりの風の強さに、テントを島入口右手側に移動しました。水槽の水がこぼれ、砂と水でもうテントはドロドロです。移動した場所は風がダイレクトに当たらない分、全然状況が違いました。

Img_0026

島の中にも入ってみました。

Img_0027

島の向こう側は、磯遊びパラダイス状態でした。

Img_0028

クモヒトデがいました。

Img_0030

シュノーケルもやってみました。この魚は何でしょう?

Img_0032

次男はウミウシもゲット。

Img_0033

いつもシュノーケルを嫌がる長男もやってました。でもやっぱり熱帯魚はいません。ソラスズメダイが見たかったのですが。

Img_0034

12時近くに一度拠点に戻りろうと、島の外側を歩いていると、バーベキュー禁止のはずなのに、バーベキューをやってるグループがいっぱいいて、非常に残念な感じでした。

海の家にお昼を食べに砂浜を歩いている途中の写真です。このテントの傾きで風の強さが分かるでしょうか?ぺっちゃんこになってるテントもありました。

Img_0047

テントで食べるよりはマシでしたが、海の家の中も砂が舞っていました。これは、水温上昇防止のため、海の家まで持参した次男の水槽。白い玉に見えるのはウミウサギガイ。良くお土産売り場で見かける貝殻セットに含まれるピカピカの貝ですが、海底(と言っても浅いですが)で目立っていたので僕が採ったものです。貝の黒い中身が貝殻全体を覆う動きは初めて見ました。黒く覆われた状態からプルンと白い玉が現れる様子は、昔デパ地下で買ってもらった玉羊羹の表面のゴム?を楊枝で刺した時の様子を思い出しました。

Img_0048

食べるのが遅い長男はカレーライスが砂まみれになっちゃったみたい。

食後に遊び再開。浮き具で遊んでたら、2個目の事件発生。浅いところから次男と一緒に板状の浮き具に乗ってたら、僕のお尻が底付きしてしまい、岩にヒットして破けてしまったんです。安物でペラペラだったので弱そうとは思ってましたが・・・。

日よけテントもろとも処分決定

島の中にはこんな神社もありました。

Img_0056

島の向こう側にはこんな穏やかな湾もありました。

Img_0057

潮が満ちてきて、テントが水没しそうなので撤収し、帰りがてら最後の磯遊び。

Img_0072

14時半頃車に戻り、車のすぐそばの海水で足の砂を洗い、車載の水タンク(程よくぬるくなってます)の水で全身を洗って着替えました。

15時20分頃出発。

Img_0074

なつかしのシーサイドホテル前を走りました。

Img_0076

15時45分、ちょっと渋滞し始めた中、船形漁港に寄って見ました。

Img_0079

水が汚く、なんか釣れそうにないので富浦に行ってみることにしました。渋滞の原因のひとつはこのお祭。大きな山車が何台も見れました。

Img_0081

16時過ぎに富浦漁港に着いて水面を覗いてみると、勝山ほどではないけど、水がそこそこ綺麗で、水面には稚魚の群れが見えていて、何かが釣れそうな気がしたので、少し釣りをして見ることにしました。

やっぱり人工イソメだと釣れないのかなぁと思ってたら、アタリが来るようになりました。そしてついに釣り上げたのは、僕ではなく次男で、釣ったのはネンブツダイ。もはや我が家ではおなじみの魚です。

Img_0084

結局この1匹のみで、17時に納竿。魚はリリースして帰りました。ばんやで入浴して帰る準備をしてたのですが、お風呂は帰宅してからで良いやということに。

Img_0093

ということで、富浦ICから館山自動車道に乗りましたが、鋸南富山あたりから断続渋滞。なんだか斜線が2車線から1車線になる度に渋滞が発生しているように思えました。

これはもう見慣れた謎の山小屋。ハーレーダビッドソンの看板が出てます。

Img_0094

先週と違ってカーナビはアクアライン経由のルート案内をしていました。でも情報板ではアクアラインを渡るのに1時間以上かかるという案内でした。京葉道路も事故渋滞のようなので、その比較での案内だったのでしょうか?先週京葉道路の大渋滞を経験しているので、ナビを信じてアクアライン方面に向かいましたが、すぐに渋滞が始まり、止まってしまい、海ほたるも入れなさそうな雰囲気だったので、休憩が取れないことに危機感を抱き、袖ヶ浦ICで降りて国道16号を北上することにしました。

18時15分頃、夕飯にファミレス「夢庵」に入りました。

Img_0098

Img_0102

幕張から京葉道路に乗ろうかと思いましたが、渋滞しているようなので、全部一般道で帰っちゃいました。

21時20分頃帰宅。本日の走行距離は247.9km。

Img_0116


|

« 自転車パンク修理 | トップページ | 江戸川区花火大会 »

車・ドライブ」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車パンク修理 | トップページ | 江戸川区花火大会 »