« ハマグリ最高~ | トップページ | 富士スピードウェイでSUPER GT観戦(2日目) »

2014年5月 3日 (土)

富士スピードウェイでSUPER GT観戦(1日目)

ゴールデンウィーク後半の4連休に何して遊ぼうか悩みに悩んだ結果、SUPER GT第2戦を見に富士スピードウェイに行ってきました。

道路もサーキットも非常に混雑するとの情報で、決勝だけ見に行くとレースに間に合わないリスクがあるので、前日である今日(予選日)サーキット入りして前泊する作戦です。

今日のタイムスケジュールを見ると、午前中に公式練習、午後にノックアウト予選となってますが、決勝レースだけ見れれば良いので、1日目は移動日と割り切ることにしました。

夕方のGTキッズウォークに間に合えば、万々歳ということで。

10時のスーパー開店に合わせて出発して、買出ししながらと思ってましたが、車中泊のシートアレンジをあれこれシミュレーションしたり、荷物を積んだりと何だかんだで想定より1時間遅い出発。

意外と荷物が多く、最悪4人が車内で寝るスペースを確保できない場合に備えて、昔使ってた小さいテントも積んでおきました。

スーパーで夕食、朝食、昼食の買出しをして、既に正午近くなっており、渋滞の高速に乗る前に昼食を済ませた方が賢明との判断で、マックへ。車の中で食べながらとも思いましたが、ドライブスルーは苦手で店内注文するので、ついでに店内で食べることにしました。

一之江から首都高に乗り、東名より少しは有利そうな中央道へ。首都高は順調でしたが、中央道に入ると、府中あたりから渋滞開始。

Dcf00014

15:05 談合坂SA到着

暑いから、こんなものをいただいちゃいました。ブドウミックスソフトクリームです。

Dcf00018

何故かここから先は快調で、16:40に富士スピードウェイ西ゲートに到着しました。

一之江IC→(首都高:930円)→高井戸IC→(中央道:620円+990円)→河口湖IC→(東富士五湖道路:270円+270円)→須走IC (計:3,080円)

この時間から入る客は非常に少なかったです。予選を見ない前泊組はもっと遅い時間に到着ですかね。観戦チケットはペア前売り券(10,300円)を昨日コンビニで購入済みだったので、駐車料金1,600円だけを払って入場しました。

Dcf00024

最終的には、簡易トイレではないちゃんとしたトイレが近くて、出口にも行きやすくて、車中泊にも適したところに駐車したいですが、まだ駐車場が満車のところが多いので、とりあえず空いてるところに止めて、キッズウォークに行きたいところ。

間違えてP8に降りる坂道に入ってしまい、偶然見つけた芝スペース(駐車場案内図を見ると、ここは駐車場ではない)に止めました。先客がテントやタープを設置していました。テントを張るにはなかなか良さ気なところですが、トイレが遠いのと、いかんせん傾斜が・・・。駐車場が空いたら移動すれば良いので、車を置いてメインスタンドへ行ってみることにしました。

Dcf00025

ちょうどシャトルバスが来たので乗って、駐車場の様子を車内から観察しながらメインスタンドへ行きました。

インフォメーションに行って、キッズウォークの集合場所を聞き、ピットの方へ。キッズウォークは2グループ制になっていて、17:05から17:35までが第1グループで、17:35から18:05までの第2グループが待っている状態でした。「こんなに並んでて、途中で『はいここまでです』なんてことにはなりませんよね?」と、最後尾を案内してくれた警備員に質問したら、「それはないと思うんですけど、富士スピードウェイの判断になるので・・・。並んでる人は入れると思うんですけどね」と。

P1000002

10分程度で列が動き出し、無事入ることができました。キッズウォークとは中学生以下の子供とその保護者(子供1人につき保護者2名まで)が無料でピットウォークできるといううれしいイベントで、ほとんどが子供を出汁に親が楽しんでるわけです。通常のピットウォークは1,600円(決勝日は2,100円)のチケット購入が必要ですから。

ピットでは、選手が記念撮影やサインに応じてくれたり・・・

P1000005

マシンをこんなに間近に見ることができました。

P1000020

監督席にも座れちゃったりしました。

P1000016

次男のウィンドブレーカの背中には、織戸選手のサイン

P1000036

名物の富士のストレート。ピットレーン側から覗き込んだのは初めてです。

P1000023

キッズウォーク、楽しかったです。谷口選手のいるピットがピットウォークの終盤(1コーナー寄り)に位置していて、着いた時にちょうどピットの奥に帰ってしまう後姿しか見ることができず残念でしたが。親の方が興奮して満喫していたことは言うまでもありません。

何より今日が単なる移動日にならずに済んで、本当に良かったです。車までは、シャトルバスを使わずに、第5トンネルを抜けて最短経路で歩いて戻りました。

するとキャンプ場さながらに、炭火をおこしている人達がいました。食事だけここで済ますという選択肢もありましたが、食後に車を移動するのも面倒なので、宿泊場所に移動してから食事にすることにしました。場内は右回りの一方通行になっていて、P7、P15を見てから、西ゲートを通過して(入場してくる車両が結構いました)、P14、P10と見て、結局さっきの場所に近いP5に決定しました。端っこを取って広くスペースを使いたいところですが、空いていないので、空きスペースの多いところに陣取って、隣の枠を使って食卓の準備をしました。

P1000029

この夕飯は、レース観戦と並んで重要な遊びですが、キャンプのように本格的にはせず、手軽に済ませたかったので、今晩の献立はレトルトの丼物(中華丼×2、マーボー茄子丼、マーボー丼)です。ご飯はちゃんと飯盒で炊きました。駐車場の照明がありがたかったです。

P1000030

日中は暑いくらいでしたが、夜は冷えるので、温かいご飯は身も心も温まります。

P1000032

もう、ここで寝ると決めたので、も飲めました。

食後に飲みながらぼちぼち寝床準備。

選択肢としては、次の3つ。

フルラゲッジモード
2列目と3列目を格納した状態。川の字になって寝るには3人が限度なので、1人は運転席と助手席の座面(間のギャップを埋める工夫が必要で、さらにサイドブレーキやシートベルトバックルが邪魔になる)に横たわる形で寝る。以前、唯一実施した車中泊で実践歴があるけど、3人の快適性に比較して、1人が格段に悪い環境で寝なければならない。

セミフラットモード
1列目のヘッドレストを外してフルリクライニングにして、2列目の座面とフラット状態にした状態。2列目中央席の前方をエアクッションで埋めることで、大人2人の間に子供1人が横になれる。もう1人は3列目を格納したリアラゲッジスペースに銀マットを敷いて斜めに寝る。

通常モード
1列目と2列目をそれぞれリクライニングして、座った状態で寝る。国際線の飛行機と思えばあり?でも長男から却下された。1列目をリクライニングして大人が寝て、2列目の座面に長男が横になり、3列目を格納したリアラゲッジスペースに次男の方がいけそう。

採用したのは

これなら、4人全員が横になれて、就寝前のカードゲームもできそうなので。

テーブル、椅子、水タンク等は車外に出したまま。寝床のセットを完了して、歯磨きの後、車内でUNOをやりました。外の寒さが信じられないくらい車内は暖かく、むしろ暑いくらい。

風が強くなってきたので、テーブルや椅子を畳んで、全て車1台分のスペースに収めた形でコンパクトに並べておきました。

22:00 消灯

|

« ハマグリ最高~ | トップページ | 富士スピードウェイでSUPER GT観戦(2日目) »

キャンプ」カテゴリの記事

スポーツ観戦」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマグリ最高~ | トップページ | 富士スピードウェイでSUPER GT観戦(2日目) »