« 長男タンデムデビュー~市川市動植物園へ | トップページ | テナガエビシーズン到来 »

2014年5月24日 (土)

伊豆ツーリングのはずが・・・

リターンライダーになって初のグループツーリングに行ってきました。

Img_0008

当初予定のルートは、

東名海老名SA(第一集合場所)→小田原厚木道路→ターンパイク→大観山ビューラウンジ(第二集合場所)→伊豆スカイライン→冷川→土肥(松原公園花時計)→沼津港

でした。冷川→土肥の部分は、余裕があればさらに南下するという感じで。

10人ほどの仲間に声を掛けて、行けそうだったのが6人でしたが、最終的には4人でのツーリングになりました。

参加車両は、
Kawasaki ZXR750R
SUZUKI GSX-R750
YAMAHA YZF-R1
HONDA VT750S

750ccが3台って珍しいです。

6時に起きて準備して、ご飯を食べずに出発。まずは近所でガソリンを満タンにしました。

42.1km÷2.26L=18.6km/L(入れ過ぎた感じはありますが、何でこんなに悪いんだろう?)

首都高~東名と大渋滞で、8時20分の集合時間には間に合いそうでしたが、早目に着いて朝食を食べるプランが危ういと思う一方で、この渋滞では定刻に皆(YZF-R1は大観山合流なので3人)揃わないんじゃないかなと考えながら走りました。

何とか8時過ぎに到着し、到着メールを配信して急いで朝食を食べ始めたら、既に到着してた1人(GSX-R750)から返信がありました。一度会っただけですが、無事落ち合うことができ、もう1人(ZXR750R)の到着を待ちました。

8時45分頃、ZXR到着の連絡が入ったと思ったら、トラブル発生とのこと。症状としては、クラッチが切れないとのことで、油圧クラッチのエア抜きを試みたら、クラッチオイルが沸騰しているではありませんか

Img_0001

引き返すか考えた末、クラッチも切れるし、大観山までは行ってみるということで、9時過ぎに出発しました。

小田原厚木道路を快調に抜けて、ターンパイクに入り、ZXR→VT→GSX-Rの順で走っていたところを、GSX-Rを先に行かせて、車種的にとても追いつけない僕は最後尾をマイペースで登りました。マイペースといっても、結構頑張りましたけどね。

そしたら、よしゃいいのにペースを上げたZXRから白煙が出だし、途中から離されて姿は見えなくなったけど、コーナーの度にものすごい量の白煙が残ってました。

第二集合場所の大観山ビューラウンジに着き、先に着いてた友達(YZF-R1)とも無事合流しました。

あいにく富士山は隠れてしまいましたが、4台並べての集合写真。

Img_0007

冒頭の集合写真はこの時撮影したものです。ZXRのエンジンが冷めるのを待ちがてら少しまったりしました。

ZXRはオイル漏れの疑いもあり、予定を変更して三島方面に山を下り、バイク屋を目指しました。11時前にバイク屋に到着。ブレーキオイルは2年毎には交換しないと、沸点が半分くらいの温度に下がってしまうということを教えてもらいました。

Img_0013

ZXRをバイク屋に預け、VTの後ろに友達を乗せ、当初予定では夕飯を食べるはずだった沼津の店に3台で向かいました。かつて、伊豆ツーリングの締めに寄っていた丸天というお店です。一帯がとてもきれいに整備され、観光地化されていたので、とても驚きました。

Img_0016

ちょうど12時で混んでましたが、運良くほとんど待たずに入ることができました。かつて自分の中で定番だった「うにぶつ丼」はもうメニューにはなく、うには入ってませんが、お刺身たっぷりの魚河岸丸天丼にしました。

Img_0017

食後に周辺を散策した後・・・

Img_0026

13時半頃沼津港を後にしました。こんな機会は滅多にないということで、2ケツしてるところを撮ってもらいました。信号で止まる度に、隣から「バイクがかわいそう」と言われていたのが写真を見て分かりました。リヤサスの沈み方が尋常じゃなかったですからね。

Img_0033

「ガソリンスタンドまで」ということで、R1でのタンデムに移行。こちらも滑稽だったので、信号待ち中に一枚パチリ。

Img_0035

ガソリンスタンドで給油。近所のセルフ以外のスタンドでVTに給油するのは初です。朝は158円/Lだったのに、ここは167円/Lでした。今、ガソリン高いですね~。

Img_0036

154.2km÷5.90L=26.1km/L

良かった、普通に戻ってて。今朝給油したときの計算燃費は何だったんだろう?

ここからまたVTでタンデムして、バイク屋に戻りました。てっきり預けている間に診てもらって、診断結果を言い渡されるのかと思ってたら、手をつけられてませんでした。あれ?

オーバーヒートなので、ラジエターに水を補充すると、2Lくらい入ったのでどうやら冷却水が空っぽだったようです。シートカウルも外してリザーブタンクも確認するとやはり空っぽ。

Img_0038

冷却水ゼロ→オーバーヒート→クラッチオイル沸騰→油圧クラッチ死亡ということらしいです。

マフラーからの白煙は、エンジンオイルが燃焼してしまっているので、別の原因ですね。

クラッチオイルの交換をして、エンジン始動お腹から錆色の水がボタボタ・・・。

エンジンがかかり、しばらくすると水漏れも落ち着き、すぐそこのガソリンスタンドまで単独テスト走行。無事戻って来て、バイクも安定しているので、とりあえず大観山まで戻って様子を見て判断することにしました。

ところが、エンジン付近から蒸気が噴き出し始めたので、進路変更して裾野にあるR1さんのを目指しました。

途中、とても富士山がきれいでした。

Img_0041

16時頃、ピット作業開始

Img_0047

ラジエターホースにパックリ亀裂が入ってるのを発見

Img_0048

ここから冷却水が漏れてたんですね。東京まで帰れるだけの応急処置ができないか、このホースを取り外して、アルミテープを巻き・・・「はい、宇宙用パーツの完成

Img_0049

こいつを組み込み、ラジエターを仮留めして給水すると、エンジン始動するまでもなく、ボタボタ水が漏れて来るではありませんか。シーリング剤なしなので、染み出してくることは予想してましたが、予想をはるかに上回る漏水ペースでした。亀裂部分からというよりパイプとの接合部分っぽいので、取り付けしなおしてみましたが、多少ペースは下がったものの、東京まではもちそうにありません。

エンジンオイルの漏れは、オイルフィルター(カートリッジ式)の増し締めで改善した様子ですが、ここで修理は断念しました。ZXRはここに保管してもらうことにしました。

東京まで2ケツで帰る自信はなかったので、申し訳ないけど電車で帰ってもらうことになったのですが、R1さんが車でZXRさんを途中まで送って行きがてら、皆で夕飯を食べようということになり、車に先導されてバイク2台がついて行きました。

Img_0051

「走り足りないでしょ」という計らいで、芦ノ湖スカイラインへ行ったのですが、濃霧のため湖尻峠から箱根峠には向かわず、湖尻、仙石原を抜けて国道138号へ入り、登山鉄道を見上げながら国道1号を通って小田原へ。

19時過ぎに、小田原厚木道路入口手前のコンビニで休憩し、厚木まで行っちゃうことにしました。「ちょっと駅まで送ってくる」って厚木まで行っちゃうって距離感が素敵です。

20時頃、目的のお店に到着。お昼は魚だったから、夜はお肉ね。

Img_0056

約1名、本物のビールの大ジョッキで、残り3名はノンアルコールドリンクで乾杯~

21時半まで盛り上がり、店を出て解散式。最後は2台になってしまったバイク。

Img_0059

21時50分頃、車の2人に見送られながら、バイク2台は出発して東名へ。

横浜青葉でGSX-Rさんは高速を降りて、そこからは一人旅。今日は完全に服装を失敗して寒いのと、水分を取りすぎたのとで、トイレが近くなり、用賀料金所でまさかのトイレ休憩。

Img_0060

22時50分頃、無事帰宅しました。いろいろありましたが、ハプニングもツーリングの醍醐味ということで、当事者には申し訳ないけど、これはこれで楽しいツーリングでした。

それから、久し振りのハイペースなワインディングで心身ともに疲労しましたが、VTは(最初に乗ってたSteedのような)一般的なアメリカンバイクと比較すれば、ワインディングもそれなりに楽しめることが分かりました。もう少し慣れれば、もっと楽しくなりそうです。

Img_0062

本日の走行距離:335.0km
(オドメーター:1,131km)

|

« 長男タンデムデビュー~市川市動植物園へ | トップページ | テナガエビシーズン到来 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長男タンデムデビュー~市川市動植物園へ | トップページ | テナガエビシーズン到来 »