« 九十九里で潮干狩りキャンプ(1日目) | トップページ | ハマグリ最高~ »

2014年4月27日 (日)

九十九里で潮干狩りキャンプ(2日目)

初のホットカーペットの効果は絶大でしたが、下からの温かさに比べて、上が足りない気がしました。それより問題だったのは、寝始めからしばらくの間、幼児が泣き叫ぶ声が延々と場内に響き渡っていたことです。泣いている当事者を責めることはできませんが、あれだけ長時間泣かせっぱなしにしている親は何をしていたのでしょう?

そして、朝は5時くらいから周囲がにぎやかになり始めました。耳栓とアイマスクをしてても眠りが浅くて駄目でした。でも寒さで夜中にトイレに行くということはなく、朝を迎えることができました。枕が変わると眠れない体質って、キャンプ好きには致命的ですね。

我が家も6時前から活動開始。トイレで顔を洗って、火消し壺の中の炭を再利用して、フランクフルトとアスパラを炒め、コンロでスープ用のお湯を沸かしました。

Dscf0057

朝食は、ホットドッグです。

Dscf0059

食後は、片付けを後回しにして、潮干狩りへ出発~

キャンプ場から海へ出るには、この砂の丘を越えて、土手を越えます。

Dscf0061

腰近くまで入水している人が何人かいて、あそこまでいかないと採れないのかなと思い、お吸い物用に1人1つ採れれば良いかなというくらいの気持ちでスタート。

Dscf0064

そしたら、こんなにハマグリが採れました~

Dscf0075

大きな波が来た時に、若干長靴の中に浸水したりしましたが(子供達の長靴の中はずぶ濡れ)、そんなことは気にならないくらい楽しかったです。

小さいですが、天然ハマグリですよ。

9時に終了してサイトに戻り、朝食の片付けと、撤収作業を行いました。

何だかんだで、12時前ぎりぎりのチェックアウト。といっても特に手続きはないのですが、管理棟の方々に声掛けしてから出発しました。

Dscf0079

昼食を食べに銚子ポートタワー脇のウオッセ21を目指しました。この辺りは、安定した風力が得られるのか、あちこちにいっぱい風力発電の風車が立ってました。

Dscf0082

12:40頃ウオッセ21に到着。

Dscf0089

レストランうおっせで昼食。こちら、僕が食べた海鮮丼ご飯大盛り無料とのことで、大盛りにしてもらったら、すごい量でした。

Dscf0085

食後は、水産物即売センターを散策。

Dscf0091

ホウボウ(生、干物)が普通に売られてました。あと、魚焼きグリルに収まらない大きさのサバの干物とか。それから、メヒカリという魚もあちこちの店で売られてました。

ここからの帰りのルートですが、カーナビが示したルートは、何故か茨城県に渡って潮来ICから東関道に乗るというものでした。何だか遠回りに見えますが、その方が早いのならと従ってみることにしました。が、国道124号(アメリカの道みたい)を走れど走れど潮来ICに着かず、若干失敗した感じが・・・。

やっとの思いで東関道に乗り、最初のPA=佐原PAで休憩(15:25)。ここの展望台、以前来たことがあって、眺めが良いのを覚えてたから寄ってみたかったのです。この景色が見れたから、潮来経由で良かったことにしましょう。

Dscf0102

東関道は順調で、京葉道路はいつもながら花輪ICを先頭に渋滞。ということで、ちょっと早いけど幕張PAで最後の休憩(16:20)。びわソフトクリームを食べました。

Dscf0108

Dscf0113

17:40に帰宅しました。きれいなキャンプ場で、潮干狩りも楽しめて、とても良かったです。

Dscf0114

2日間の走行距離:233.2km

|

« 九十九里で潮干狩りキャンプ(1日目) | トップページ | ハマグリ最高~ »

キャンプ」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九十九里で潮干狩りキャンプ(1日目) | トップページ | ハマグリ最高~ »