« VT750S 初回点検 | トップページ | 九十九里で潮干狩りキャンプ(2日目) »

2014年4月26日 (土)

九十九里で潮干狩りキャンプ(1日目)

朝普通に起きて朝食を食べ、車に荷物積載開始。

今回は初めて海の近くでのキャンプ。そして初めての電源付サイト。ということで、ほっとカーペットと潮干狩りの道具も持参です。

10時前に出発して、まずはで給油。ガソリン高いですねぇ。

篠崎ICから京葉道路に入り、東金有料道路ルートにするつもりが、宮野木JCTから先が大渋滞のようだったので、東関東自動車道へ。

10:50 酒々井PAにて休憩

Dscf0002

成田空港が近いということで、こんな情報サービスがあるんですね。

Dscf0003

東関東自動車道は順調で、富里ICで高速を降りて、そこからは一般道です。国道296号が国道126号にぶつかるところに、大きなスーパーがあったので、そこで買出しをしました(11:45~)。

Dscf0004

昼食用に買ったパンを食べながらキャンプ場を目指し、13:30に九十九里オートキャンプ場「太陽と海」に到着。管理棟で手続きを行い、クーポン券で1時間のレイトチェックアウト(通常500円)を無料で付けてもらいました(電源付サイト利用料=ハイシーズン料金6,000円は事前振込済)。

潮干狩りのポイントも教わりましたが、徒歩でいける所も、車でちょっとの所も、管理された潮干狩り場ではないので、遊び程度に考えてくださいねとのこと。

テント設営を始めると、子供達は手伝いも早々に遊具場へ。

Dscf0006

ゆっくり作業をして、15時前に完成~。

Dscf0008

簡単な釣り道具を持って来ていたので、海に行ってみることにしました。子供たちは行かないというので大人2人で。

事前の調べで、テトラポットがあるとのことだったので、穴釣りができると思ってたら、テトラポットの配置が予想と違っていて、穴釣りには向いてませんでした。

Dscf0010

防波堤先端では磯竿で釣りをしている人がいました。次々にやって来る人に聞いてみたら、イシモチが釣れるそうな。でもはなっから穴釣りを想定した装備しかないので、竿を出す気にもならなかったのですが、せっかくだから雰囲気を楽しむだけでも・・・。

Dscf0011

ブラクリ錘に人工イソメという仕掛けで、足元に垂らせないので、チョイ投げするというむちゃくちゃな釣り方で、案の定何もかからず、岩場のカニを釣り上げてる方が楽しいほど。

16時に撤収し、サイトへ戻り、夕飯の支度を始めました。を飲みながら、チャコスタで炭をおこしながら、飯盒炊爨・・・定番となりつつあります。

Dscf0017

17時半、BBQスタート~ まずは海鮮から。

Dscf0018

そして、お肉も食べ、19時半に管理棟にあるお風呂へ。家族4人で1,600円でした。まだ夕食時なので混んでなくて、露天のジャグジー風呂は気持ち良かったです。300円の薪を1束買って帰って、焚き火開始~。

Dscf0033

22時に消灯しました。日中は半袖Tシャツで大丈夫な程暑かったですが、夜は冷えます。ホットカーペット最高~。

(参考)
本日の走行距離:91.7km

|

« VT750S 初回点検 | トップページ | 九十九里で潮干狩りキャンプ(2日目) »

キャンプ」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S 初回点検 | トップページ | 九十九里で潮干狩りキャンプ(2日目) »