« 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) | トップページ | 2014シーズン滑り納めin菅平高原スキー場(1日目) »

2014年2月11日 (火)

日帰りスキー~ノルン水上スキー場

今シーズン3回目のスキーは、日帰りでノルン水上スキー場に行ってきました。

元々は、2月8~9日の土日で菅平1泊2日の予定だったのですが、先週前半に諸事情発生によりキャンセルしたため、その代わりの企画です。

土日は、雪で高速道路が壊滅状態になってたので、行かなくて良かったかも?

朝5時に起きて、5時半頃出発し、三郷南ICから外環に乗り、関越へ。

上里SAまでは順調で、7時頃到着してレストランで朝食を食べました(軽食コーナーは満席で、席取り合戦状態だったので、空いてるレストランを選択)。

モーニングプレートAとBを2つずつ注文したのですが、子供は1皿を分け合っても良かったかも知れない程のボリュームでした。

8時20分頃出発すると、程なく渋滞が始まり、駒寄まで低速走行が続きました。

以降は順調で、9時40分頃ノルン水上スキー場に到着。渋滞中に想像したよりは早く着くことができましたが、まさかの第4駐車場。

Dscf0011

ゲレンデ遠いいなぁ~。今回は初の試みで、時間短縮のため、板もブーツもケースに入れずに積んで来たこともあり、あっという間に準備が終わったけど、想定してなかった送迎バス待ち。

ゲレンデまで連れて行ってくれるのかと思ったら、第2駐車場レベルまでで、そこからエスカレータと階段を上がりました。

まぁ、予想してましたが、リフト券売場行列です。並び始めたのが10時10分くらい。

Dscf0012

子供達は、子熊の兄弟のように雪上でじゃれ合ってました。

Dcim0015

行列といっても5分程度でリフト券を買うことができました。約10年着てきたスキーウェアも、今回から一新です。

Dcim0018

写真だと分かりにくいですが、スキーブーツの色合い(白、黒、スカイブルー)とそっくりなので、ビビッと来て買ってしまったものです。ちょっと地味かなぁ。ウェアじゃなく、滑りで目立つことを目指します。

リフト待ちなしを売りにしているスキー場ですが、駐車場の混雑状況からすると、さすがにリフト待ちも長蛇の列と思いきや、不思議とそれ程混んでなかったです。10時半頃1本目のリフトに乗りました。

Dscf0014

東京は天気がイマイチだったようですが、水上はとびっきりの天気でした。

Dscf0018

リフト待ちはたいしたことないのですが、ゲレンデ(特に初級者コース)には人がいっぱいで、ゲレンデが狭く感じました。スノーボーダーも多いですね。上級者コースは空いていて滑りやすかったです。

1時間程して、次男が「怖い」とか「寒い」とか言い出し、妻が付き添って戦線離脱し、防寒装備追加のため一旦車に戻りました。

長男と2人になって、スキー専用の上級者コースであるAコースに行ってみました。この1本で長男も疲れたらしく、ちょうど駐車場から戻って来た2人と合流してお昼休みとしました。

12時でレストランはとても混んでましたが、運良くすぐに席を確保することができてラッキーでした。

次男は、お決まりの(?)カルボナーラ。僕はカツカレーを頼みましたが、長男が頼んだキーマカレーを味見したらそっちの方が美味しかったのでお勧めします。

Dscf0021

13時からスキー再開。なるべく人混みを避けて、積極的に中・上級者コースを選んで滑りました。

Dscf0025

今回は、子供達にワンポイントレッスンもしつつ、自分のフォームチェックのために動画撮影もしてもらいました。前回の万座から、体の傾け方を変えて、自分の中では良いイメージで滑れていたのですが、間違った方向に行ってるといけないので、是非動画で確認したかったのです。

フォーム改造の時はいつでもそうですが、自分の中ではすごく変化させてるつもりでも、外から見ると大して変わってないものです。今回も例に漏れず、劇的な変化をしてるわけではないですが、このキャプチャ画像を見ても、方向性は正しいようで安心しました。

Dscf0029avi_000014833trim

今回劇的進化を遂げたのは、長男です。特に左ターン。長男は僕と違って感覚派なので、理論的な指導には興味を示さないのですが、感覚に訴えるアドバイスをすると、すぐに滑りに変化が出るので、教えてて面白いです。

Dscf0041avi_000011899trim

14時40分頃、子供達がそり遊びをするということで、妻もあがり、僕は一人であと2本滑りました。日陰があっという間にアイスバーンに変わっててビックリ。

15時に合流すると、今までそりゲレンデだったところが、なくなってて、子供達はつららを取って遊んでました。せっかくそり持って来たのにね。

センターハウスでトイレを済ませて、送迎バスで第4駐車場へ。今回は、板もブーツもケースにしまわずに、ブラシで雪を払ってしまうだけなので撤収が楽チンでした。トランクにはラゲッジトレイを装着してますが、さらにレジャーシートを敷いて、古いバスタオルを敷いて万全の体制で時間短縮に臨んだのです。翌日が平日なので、も寄らずに帰宅です。

Dscf0042

15時半頃出発し、赤城高原SAにてドリンクとお土産購入。長居は禁物ということで、先を急ぎました。

Dscf0043

帰路は全く渋滞がなく、このワンストップのみでまで走っちゃいました。

18時半前に帰宅したので、正味2時間半くらいで帰って来れたことになります。(本日の走行距離:372.7km)

Dscf0045

荷物を降ろして、徒歩で近所のレストランに行き、夕食を食べました。

Dscf0047

今回初めて、板、ブーツむき出し作戦を実行しましたが、相当時間短縮ができますね。帰宅時点での道具の乾き具合も違うし、ケースを干す必要もないので、次回からもそうしようと思います。

|

« 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) | トップページ | 2014シーズン滑り納めin菅平高原スキー場(1日目) »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) | トップページ | 2014シーズン滑り納めin菅平高原スキー場(1日目) »