« 万座温泉スキー場(その1:前泊編) | トップページ | 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) »

2014年1月11日 (土)

万座温泉スキー場(その2:終日スキー編)

7時半に起きて、8時頃から朝食(バイキング)を食べました。

Dscf0007

スキーの仕度をしてゲレンデへ。

ホテルからゲレンデまでは徒歩5分となっていたのですが、それ程苦じゃなかったです。子供達は苦戦してましたが・・・。

Dscf0009

大人1人につきリフト4時間券2枚付のプランにしたので、リフト券売場で引き換えて(万座温泉スキー場は小学生のリフト券が無料)、10時過ぎに滑走開始

昨シーズンは、4時間券の引換券2枚で1日券1枚に交換できたのですが、今シーズンはそれが駄目で、後でもう1回引き換える必要があります。定価3,500円の4時間券(ナイターにも使える)2枚分で定価4,200円の1日券(ナイターは滑れない)に交換するのは相当な権利放棄になるのですが、何で駄目なんだろう?

Dscf0016

林間コースに「どうぶつの森コース」の看板が・・・。

Dscf0024

なるほど、こういうことね・・・。

Dscf0029

11時半頃、朝発の友達家族が合流しました。うちは前泊している分、大人1人につき4時間券4枚が付いているのですが、友達家族は1泊なので4時間券2枚です。なので、今日何時に引き換えるかが後々効いてくるため、そのままお昼にするか迷いましたが、少し滑ることにしました。友人家族がリフト券を引き換えると、券面には16時03分までの表示。自分のを改めて確認したら、10時13分に引き換えて、14時33分までとなっていたので、4時間券は実質4時間20分有効なんですね。16時まで滑れれば十分だと思いました。

Dscf0036

13時前、ふもとのレストランは大混雑なので、万座プリンスホテルで昼食を食べました。

Dscf0041

食後に我が家はリフト券を再度引き換えて(18時24分まで有効だけど、そんなに滑りません)滑走再開。

どうぶつの森コースで記念撮影。

Dscf0045

15時頃、子供達はスキーを終了して雪遊びへ移行。

Dscf0066

パパ2人はスキーを続行しましたが、ガンガン滑って30分で力尽き、15時半頃皆でホテルに帰りました。

ホテル自慢の石庭露天風呂に皆で入った後、夕食です。18時半頃レストランに行くと、順番待ちの行列ができてて待たされました。客室数に比べてレストランの規模が小さいんですね。1つテーブルを挟んで、4人テーブル2つに分かれた形での案内となり、8人集まっての席を待つといつになるか分からないから、大人チームと子供チームに分かれることにして入りました。

バイキングの料理を取ってテーブルに運んでいると、間のテーブルが空き、別の家族が案内されており、しかもその一行もうちの子供テーブルを挟んで2テーブルに分かれている状態だったので、声を掛けて交換してもらい、お互いにベストなテーブル配置になることができました。

Dscf0073

部屋に戻ってからも友人家族の部屋(隣の部屋)でプチ宴会&ボンバーマン(DS)大会をやって、23時頃お開きにしました。

(参考)2泊目の宿泊プラン
万座高原ホテル(りんどう館) 1日10室限定 キッズ応援プラン(朝食付き+リフト4時間券2枚付き)
大人 14,800円×2名=29,600円(別途入湯税 500円×2名)
子供 500円×2名=1,000円(別途夕食代 2,000円×2名)

|

« 万座温泉スキー場(その1:前泊編) | トップページ | 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万座温泉スキー場(その1:前泊編) | トップページ | 万座温泉スキー場(その3:スキー~帰宅編) »