« 若洲で今度はサッパ・フィーバー! | トップページ | アテンザ試乗~若洲海浜公園釣り(ボウズ) »

2013年7月13日 (土)

荒井浜海水浴場でシュノーケリング

3連休の初日に、今年の夏最初の海水浴に行って来ました。

嵐山の渓谷デイキャンプの選択肢もあったのですが、今年の夏は梅雨明けが早く、連日35℃越えでしたので、海で熱帯魚を見ることに。

6時前に起床し、持参で6時に出発

首都高に乗って湾岸線に出ると、お台場で事故渋滞

辰巳JCTから海底トンネル入口まで1時間以上かかってしまいました。情報板では渋滞30分の表示だったのですがね。一般道の方が明らかに早そうでしたが、すぐに降りても900円取られるし、途中から意地になってました。

原因は、トラックが乗用車2台に玉突き事故を起こしたようで、現場通過時には、3台ともそれぞれ移送用トラックに載せられた状態で、原因者と思われる玉突き最後尾とトラックは助手席が大破してました。先頭の乗用車もかなりの損傷でした。

そこから先は順調で、横須賀PAでのトイレ休憩(先週ようやくスタッドレスからノーマルタイヤに交換したばかりだったので、ナットの増し締めも)を経て、9時頃油壺の市営駐車場に到着しました。最盛期には満車になるこの駐車場も、まだまだ空きがありました。車内で着替えてレッツゴー

Dcf00036

例によって(?)海の家のサマーベッドがかなりのスペースを占有していましたが、まだまだ空きがあって大丈夫。敷物を敷く隙間がないような海水浴場とは違って良いです。ポップアップテントを設営し、いつもならここで汗だくなのですが、今日は昨日までと打って変わって日差しが弱く、それ程でもなかったです。でも日焼け対策を万全にしてから海に入りました。

Dscf1148

今回水中用に使用したカメラは、Canon IXY 220F + 専用防水パック。

Dscf1151

去年グアムで浸水してお亡くなりになったFUJIFILMの“防水”デジカメFINEPIX XP30は、当方主張に反して、「使用方法に問題があった」とのことで無償修理にならず、購入価格よりも高い新品交換費用の見積もりを提示され、交渉半ばに妻に引き継ぎ、僕は研修で渡米。そのカメラは捨てる覚悟で、新調したのが上のIXY。本体に防水機能があっても知らず知らずのうちに浸水するリスクがあるのなら、防水パックの方が浸水に気付きやすいと思っての選択でした。で、FINEPIXの方は、交渉を引き継いだ妻が、「もういらない」と言った結果、交換費用が当初提示額の半額となったため、手を打ったのですが、あまり水に浸ける気になれません。

Img_1535

ということで、今回防水パック初使用となったIXYの水中写真です。FINEPIXよりめちゃくちゃ綺麗です。元々地上撮影でも差は歴然だったのですが、これほどとは・・・。

Img_1462_2

近場ではいかにも熱帯魚っていう魚は見れず、ひとまず撤退。

潮溜まりに取り残された生き物捕獲作戦開始。

Img_1479

ヤドカリ、貝、ハゼ、エビ、カニをゲット。これは途中段階で、この後もっと捕りました。

Img_1475

テントに戻っておやつタイム。その後皆が休憩している間、沖の岩島へ下見に行って来ました。途中濁っていたのですが、視界が開けるとまずは赤い小魚の群れがお出迎え。

Img_1485

ソラスズメダイにも会えて、ホッとしました。

Img_1492

これはメバルでしょうか?

Img_1495

魚がいっぱい見れたので、皆を迎えに戻って再度岩島へ。

岩島に行くのに、本当は前回同様、ビーチマットに子供を載せて曳航するつもりが、前日膨らませて準備しておいたら、朝しぼんでいて、破損しているようだったので持って来てません。

ライフジャケットだけでは不安だったので、浮き輪も使って引っ張って行きました。

Img_1503

しばらくシュノーケリングを楽しんだ後、戻って海の家で食事しました。これは僕が注文したマグロ漬け丼。

Img_1506

食後は、子供達はビーチボールで遊んでました。危ないから砂浜で遊べと言ったのに、言うこと聞かないから、足が傷だらけになってました。

Img_1509

もうシュノーケルはやらないと言うので、僕だけで水中網を持って出撃し、先程の赤い魚を捕って皆に見せてあげました。

15時過ぎに、捕獲した生き物達を全部逃がして撤収。

Img_1534

もはや恒例となった観潮荘で日帰り入浴

17時半ころ観潮荘を出発(本当は17時に出発できたのですが、久し振りのワンデーコンタクトレンズを外すのに手こずって・・・。今まではレンズをつまむようにして外してましたが、それで角膜に傷を付けてしまったので、まぶたでつまみ出す方法を練習中です。誰かコツ教えてください。)

帰りはほぼ順調で、2時間かからずに、地元エリアに着きました。せっかく海モード(?)なので、回転寿司で夕食としました(30分くらい待ちました)。

Dcf00038

デザートまで食べて満腹状態で、21時前に帰宅しました。ドピーカンではなく、が多かったですが、かえって丁度良い感じでした。海水温は手前が冷たく、沖の方が温かかったです。

Dcf00043

本日の走行距離:193.8km

|

« 若洲で今度はサッパ・フィーバー! | トップページ | アテンザ試乗~若洲海浜公園釣り(ボウズ) »

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若洲で今度はサッパ・フィーバー! | トップページ | アテンザ試乗~若洲海浜公園釣り(ボウズ) »