« またまた江戸川でテナガエビ | トップページ | 勝浦チロリン村~ホタルキャンプ~(1日目) »

2013年6月15日 (土)

航空科学博物館に行ってきました。

今日は、成田空港の隣りにある、航空科学博物館に行ってきました。

もらいものの招待券があったので、期限切れになる前にということで。

【往路】篠崎IC→(京葉道200円)→宮野木JCT→(東関道900円)→新空港IC

空港内を抜けるため、身分証明書提示とトランクの確認を受けて、博物館へ。

1時間ちょっとで到着。昼を過ぎてたのですが、子供達が屋外展示に吸い込まれていきました。駐車場も無料だし、屋外展示は無料で楽しめるんですね。成田空港を離陸した旅客機が頭上を通過します。

P1010009

ひととおり屋外展示を見てから、入館。

P1010022

1階西側を見終わったところで、4階のレストランへ。レストランからは、成田空港の離陸風景が見れました。

P1010034

食後は2階からスタート。昔の戦闘機のコックピットに座ることができました。

P1010040

こちらは、卵の殻で作った飛行船。かわいいですね。

P1010044

飛行機が空を飛ぶ原理を説明するコーナーもあり、こちらは、鳥がはばたく時の翼の動きを体験するところ。

P1010056

入館時に空きがあった、DC-8のフライトシミュレータ(15:30)と、B747の大型模型操縦体験(16:10)に申し込んでおいたので、指定時間に集合場所へ。

DC-8のフライトシミュレータは、1番と2番の券を持っている人が操縦士と副操縦士の席に座ることができ、うちは3~6番の券だったので、その後ろの客席で搭乗体験ということでした。ただ、操縦士と副操縦士の操作で動くわけではないようで、どの席でも操縦体験というより、飛行体験といった感じです。離着陸も飛行中も、本物さながらの振動と加速度の変化が味わえました。

続いてB747の大型模型操縦体験。上の2枚目の写真の中央に写っている大型模型が、その後ろに見えている操縦席からの操作に応じて動くという仕掛けでした。通常のフライトシミュレータでは、自分の機体(翼や車輪)の動きを見ることができませんが、この仕掛けだと、どこを操作すると、どこが動くかが分かりやすかったです。

子供達がスタッフの指導を受けて、離陸から着陸まで一連の操作を体験しました。

P1010084_2

最後に、こちらは有料(300円)のアトラクション?4つの機種からその飛行を3Dで体感するというもので、僕は長男と零戦(唯一飛行可能な保存機を使って実際に飛行して撮影したもの)を体験、妻は次男とブルーインパルスのアクロバット飛行を体験しました。

P1010094_2

正直あまり期待してなかったのですが、結局17時過ぎまで満喫してしまいました。

P1010101

【復路】成田IC→(東関道850円)→宮野木JCT→(京葉道200円)→篠崎IC

帰りも同じルートで帰るつもりが、空港内を通行しておきながら、何故か新空港ICに辿り着けず、成田ICから乗りました。幕張・花輪間で渋滞がありましたが、1時間ちょっとで帰れました。

P1010111

本日の走行距離:128.2km

|

« またまた江戸川でテナガエビ | トップページ | 勝浦チロリン村~ホタルキャンプ~(1日目) »

航空・宇宙」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた江戸川でテナガエビ | トップページ | 勝浦チロリン村~ホタルキャンプ~(1日目) »