« 秩父オートキャンプ場(1日目) | トップページ | 秩父オートキャンプ場(3日目) »

2013年5月 4日 (土)

秩父オートキャンプ場(2日目)

やっぱり、夜は冷え込みは甘くなく、完全防寒のつもりがそれでも十分ではなかったです。でももう一工夫で防寒対策はできそうな程度でした。

8時前にようやくテントから這い出し、朝食の準備。朝食は目玉焼きを作って、ソーセージエッグマフィン。

P1000048

食後に子供達が虫眼鏡で火をおこす実験。

P1000049_2

小さなカミキリムシを発見。

P1000054

キャンプ場内には、スライダー2基を備えた広場があって、子供達の遊び場になってました。

P1000055

今日の予定は、秩父ミューズパークとなっていましたが、キャンプ場の下の川原でオタマジャクシとかエビとかを採って遊べるようなら、キャンプ場で過ごしても良いかなと思い、ちょっと偵察しに行ったところ、景色は素晴らしいのですが、アメンボの大群以外、水生生物の気配がありませんでした。

P1000065

なので、予定通りミューズパークに行ってみました。通常の経路だと羊山公園の渋滞にはまりそうだったので、管理人さんに抜け道を教わって出発。

ミューズパークは広大で、駐車場が何箇所もあり、どこを利用すれば良いのか分からず、勝手にメインエリアと思った屋外ステージのある場所に止めてみました。

P1000077

が、広場とか遊び場がないので、スポーツの森と称されたエリアのそばの駐車場へ移動しました。

誰もいない広場で、遊んで良いのか不安になりながらも、キャッチボールやフリスビーなど、持参した遊び道具で遊びました。

P1000080

遊び疲れたところで、軽食と書かれた建物へ。入ると、中は予想外の光景で、半分ゲームコーナーでした。食後に子供達を少し遊ばせてから、お風呂へ。

P1000082

事前に別の場所の日帰り入浴を調べてあったのですが、ミューズパーク内のしかも車を止めた駐車場に併設して入浴施設があることが分かり、車に戻って荷物を持ち替えて行きました。

行くと、「準備中」の表示にがっかりしましたが、良く見るとオープン時間の15時まであと十数分だったので待ちました。料金は大人500円、子供200円とかなりリーズナブル。

脱衣場から浴室に入ると、まず「シャワー室」と書かれた部屋があり、「」と思いながら、湯船のある奥へ進むと、そこには洗い場がありません。シャワー室に戻ると、ちゃんと椅子と鏡があって、そこが洗い場でした。

入浴後、昨日と同じヤオコーに買い出し。「今日はパレオエクスプレス(SL)見れないの?」と子供達。「今日はもう通らないよ。1日1往復だからね。」と教えると、「じゃぁ、昨日は超ラッキーだったって言うこと?」って。その通りだよ。

今日はBBQ(焼肉)なので、食材を調達し(子供達の食欲にムラがあるので、どれくらい肉を買えば良いのか非常に迷います)、昨日キャンプ場で花火ができることが判明したので、子供達との約束どおり花火を一袋だけ調達し、キャンプ場に戻りました。

昨日は暗くなってしまって、電灯で照らして焼き具合を確認してましたが、今日は明るいうちから肉を焼き始めることができました。

P1000084

パエリアも。

P1000089

迷った肉の量もちょうど良かったようです。

食後は花火大会(というほどの量ではなく、4人で分けたら結構あっという間でした)。

P1000103

午前中に川原まで偵察に行った際に拾っておいた木を、焚き火用に切断。長男もノコギリ初挑戦。

P1000107

昨日と同様、子供達を先に寝かして、親達の夜の宴へ。

昨日と違うのは、テントに入った後、子供達の話し声が聞こえてこなかったこと。疲れたんでしょうね。

焚き火を囲んで飲んでいると、遠くから子供の泣き声が。しかも複数の方角から。慣れない環境で泣いちゃったんですかね。あれが近くだったら、結構厳しいかもと思いつつ、眠りにつきました。

|

« 秩父オートキャンプ場(1日目) | トップページ | 秩父オートキャンプ場(3日目) »

キャンプ」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父オートキャンプ場(1日目) | トップページ | 秩父オートキャンプ場(3日目) »