« 東京理科大学 葛飾キャンパス | トップページ | カタクチイワシ、いただきました。 »

2013年4月28日 (日)

若洲海浜公園で爆釣!

ボウズ率の高い若洲海浜公園ですが、久し振りに行ってきました。

過去の戦績
2009年10月14日(日)ボウズ
2010年6月26日(土)サッパ7匹
2010年10月23日(土)ボウズ

今回は・・・

昼に家を出て、まずは地元の釣具店へ。

サビキ用の餌と仕掛け、テトラの穴釣りにも対応できるようブラクリ錘、チョイ投げや穴釣り用のアオイソメ、それと安いチョイ投げセット竿を1本購入。

これで、長い竿を出さなくても、家族4人の竿が揃いました。

続いて、コンビニに寄って、今度は人間の餌を調達。

いざ若洲海浜公園へ。

道路は至って順調でしたが、嫌な予感は的中。ゲートブリッジへ続く本線は全く問題なく流れているのに対して、側道の若洲海浜公園方面が駐車場待ち渋滞

何時に入れるか分からなそうな状態だったので、今回の装備で向かう釣り場としてはあまりよろしくはない高洲海浜公園に行き先を変更しようということでUターン。

右手に若洲ゴルフ場の入口を見て、「ここの駐車場から歩く気ある?」と確認のうえ、再度Uターンして、ゴルフ場の駐車場へ。料金体系に不安がありましたが、公園と同じ1日500円で安心。しかもまだまだ空きに余裕がありました。

間違いなくゴルフ目的ではなく、同じことを考えていると思われるファミリーが駐車場にいて、これまた安心

Dcf00004

結構距離ありますよ~。念のため台車を持ってきて正解でした。

既に13時を回っていたので、公園に入ってすぐの風車のふもとの木陰で、レジャーシートを広げてお昼としました。

Dcf00005

食後に早々と子供達はサッカーボールで遊び始めて、大人はしばしおしゃべり。すると、次男がキャッチボールしようというので、食後の運動。

そしていよいよ、主目的の釣りへ

案の定堤防はびっしり。偵察に行ってみると、家族4人で竿を出せそうなスペースはあるにはあるけど、全く釣れている気配がない(これも予想通り)。なので、まずは初めての人口磯に行ってみることにしました。

人口磯も人がいっぱい。ゲートブリッジ下に誰もいないスペースがあったので、そこでちょい投げしてみることに。予想外にすぐに当たりが・・・。シマハゼでした。

Dcf00006

人口磯はこんな雰囲気のところです。ここは、噂通り根掛かりしやすく、仕掛けをロストしまくり、すぐに見切りをつけて移動することにしました。

Dcf00007

テトラポットで穴釣りをするか、堤防でサビキ釣りをするか迷いましたが、せっかくサビキ用の餌も買ってきたことだし、堤防からサビキとチョイ投げで餌をばら撒いて帰ることにしました。

一人で堤防の空きスペースを探しに歩いて行き、帰り支度をしてる人がいたので、その場所を陣取ることにしました。ちなみにその方達は全く釣れなかったとのことです。

時間は16時を回っていたと思います。これから満潮に向かい、しかも夕まずめも重なるので、これからが本番と言い聞かせながらも、生物飯能なしの雰囲気に心が折れそうになります。

竿2本にサビキ仕掛けを付けて子供達用に。1本はチョイ投げ仕掛け。妻は見学。

釣り始めてすぐに、妻と次男がトイレに行き、帰って来たときに、(いつの間にできてた)売店でラムネジュースを買って来ていて、長男が「ずるい」と言い出したので、少ししてから僕がトイレに行くついでに買って来てあげる事にしました。ところが、売店は16時半で閉店らしく、買えなかったので、自販機で代わりのものを買ってあげようと電話してみたら、長男が「ラムネがないならいらない。何か魚が釣れちゃったんだけど、2匹も」というので、急いで戻りました。

サッパかなと思っていたら、体の細い、何とかイワシって感じの魚でした。

Dscf1131

今思えば、これが、お祭りスタートの合図でした。

次々に掛かり出し、投げ仕掛けもサビキに変更し、4本目の竿も出して、妻も参戦。

Dscf1132

一度に4匹掛かることも。魚を針から外してあげるために、自分の竿を置き竿にしていたら、仕掛けが手前に来過ぎて根掛かりし、仕掛けの下半分(錘付き籠も)をロスト。何か錘になるものをと思い、ブラクリを付けてみましたが、仕掛けの最下部にでかい針があるのは、根掛かりのリスクと、手返しの際の怪我のリスクとがあると思い、先ほど人口磯でハリス下をロストした天秤を付けるという超ヘンテコな仕掛けを作り、投入してみると、それでも掛かるという状態。まさに入れ食いフィーバーでした。

子供も親も大はしゃぎです。最初魚触りたくないと言っていた長男も、そんなことは言ってられないくらい、皆てんやわんやの状態で、「頑張って自分で針から外してみろ」と言い聞かせて、結局自分でできるようになってました。

辺りが暗くなってきて、18時過ぎに納竿。

堤防の先の方から帰りに通る人達が、大漁振りを見て「スゴイ」と言っていたので、全体での出来事ではなかったようです。少なくとも、お隣さん達は同じ状態でした。

どうせ釣れないと思っていたので潔く(?)クーラーボックスは持って来なかったのですが、念のため小さな保冷バッグと保冷剤を持って来ていて(全然潔くないじゃん)正解でした。保冷バッグがパンパンです。

撤収作業を終えた頃には、こんなに真っ暗。

Dscf1135

ゲートブリッジに昇るためのエレベータ塔。

Dscf1136

ゴルフ場駐車場まで夜の散歩状態で歩き、魚が傷むといけないので、途中外食せずに真っ直ぐ帰りました。

とりあえず魚を冷蔵庫に入れて、食事を済ませ、子供達を風呂に入らせて、魚の下ごしらえを開始。図鑑で調べてみたら、大漁だった魚の正体はカタクチイワシでした。

さて、本日の釣果ですが、数えてみてビックリ。

シマハゼ1匹+カタクチイワシ79匹=計80匹
人生最高の大漁でした。

Dscf1137

夫婦で頑張って80匹のウロコ取りと頭・内臓取りをやりました。

Dscf1139

半分は実家におすそ分けすることにしました。

いや~、本当に楽しい釣りでした。

|

« 東京理科大学 葛飾キャンパス | トップページ | カタクチイワシ、いただきました。 »

車・ドライブ」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京理科大学 葛飾キャンパス | トップページ | カタクチイワシ、いただきました。 »