« サイクリング:里見公園~じゅん菜池緑地公園 | トップページ | ランドクルーザー・パリダカ仕様レプリカ »

2013年3月 2日 (土)

日帰りスキー:尾瀬岩鞍

今シーズン4回目のスキーに行ってきました。

今回は日帰りで、行き先は尾瀬岩鞍。約10年前に2回行ったことがありますが、それ以来です。友達が金曜夜から1.5泊で行くというので、それに合わせての選定です。

いつものように前夜にある程度車に荷物を積みたかったのですが、昨夜はあいにくの
なので、今朝は4時過ぎに起きて積載開始。5時過ぎに自宅を出発して実家に寄って姉を拾い、外環へ。

いつもより若干早いので渋滞も軽いかなと思いきや、またもや関越で事故渋滞。

関越は毎週末事故ってるんですかね。毎週末走ってるわけじゃないから実際は知らないけど。

3台の玉突き事故で、どの車が原因かは分かりませんが、真ん中がスノボを積んだRV車で、最も損傷が激しかったのが最後尾のプリウスでフロントが大破してました。あのスノボグループ、あの後どうしたんだろう?

事故現場通過後、一気に流れが速くなり、7時前に高坂SAに到着して朝食を食べました。
赤城高原SAでの小休止(からコンタクトレンズへ・・・どうでもいいか)を経て沼田ICから一般道へ。

椎坂峠にさしかかるところで、トンネル工事現場を見ました。これができればだいぶ尾瀬や丸沼へのアクセスが楽になるでしょうね。

10時過ぎに尾瀬岩鞍スキー場の第2駐車場に到着。到着前にゲレンデの友達から、天候不良でゴンドラが止まっているとのメールを受信してたので、テンション。駐車場もしっかり雪が降ってます。

Dscf1019

駐車場とスキー場を結ぶ連絡バスが走っているようでしたが、歩いても端っこのゲレンデに行けるので歩きました。子連れは素直にバスを利用した方が正解かも・・・。

Dscf1020

リフト料金が3月1日から春スキー料金に変わって割安になってます。(食事券つき1日券が大人4,500円、子供2,500円。)駐車場でも買うことができて便利ですね。

ただ、止まってるのはゴンドラだけじゃなく、西山エリアのリフト4本(西山第1、第3、第5)が全て止まっていて、滑れる範囲が非常に狭く、一番下のメインのリフトである第3クワッドリフトは大行列。

こっちの方が空いてるからと手前のリフト(第2ロマンス)に乗ったら、ファミリーゲレンデだった。でもちょうど友達がパンダルマンという有料のキッズゲレンデの上にあるお祭り広場という店で休んでいたので、会うことができました。

こっちはまだ休憩には早いので混んでる第3クワッドに乗ってさらに第8クワッドに乗り継ぎました(リフトの乗り継ぎにいちいち歩かなければいけないのが難点)。

中級者向けの国体女子コースを目指すつもりが、吹雪で真っ白になってて良く分からず、上級者向けのリーゼンコース(非圧雪)に家族で入っていってしまいました。

僕は見てませんでしたが、次男が激しく転倒してしまって戦意喪失。

目の前のレストランは大混雑なので、そのままロマンスコースを降りて中腹の食堂に寄ってみると、席が確保できたのでそこで昼食休憩としました。

中央に大型ストーブが2台あり、ウェアやブーツ(スリッパが用意されている)、グローブや帽子などが乾かせるようになっていて、山小屋のような雰囲気でした。

Dscf1025

昼からゴンドラが動き出し、食後に乗ってみると、山頂が猛吹雪ですごいことになってました。地面は完全に凍結していて、スキーブーツで立ってると、風で押されて滑ってしまう状態。次男も嫁も転倒してました。地獄のようなゾーンは山頂だけで、序盤のアイスバーンを抜けると滑りやすい雪質でした。全長2,800mのミルキーウェイは、途中でコースが曲がっていて、特に子供達には楽しいコースでした。途中斜度がほとんどないところがありましたが。

Dscf1036

ゴンドラ2本目の山頂で友達と合流し、少し一緒に滑りました。友達は会社関係の人と2人で来ていたのですが、子連れの僕達に付き合って滑ってくれました。

Dscf1041

天候が良ければもっともっと楽しめたと思うのですが、こればっかりは仕方ないですね。

16時頃スキー終了。友達とお別れして、帰り支度。

Dscf1043

スキー場を出て国道401号に出るまで、車が詰まってましたが、路面が凍結していてスタッドレスタイヤでもめちゃくちゃ滑るので納得。国道に出てからも車間距離を十分取って走りました。

国道120号は渋滞してるだろうと思っていたら、嘘のように車が少なくてびっくり。

17時半頃、老神温泉の日帰り温泉「湯元華亭」に到着。お昼を食べた食堂でもらった割引券を利用して温泉に入りました。

Dscf1044

内湯はりんご風呂でがプカプカ浮いていていて子供達は大喜び。露天風呂も2つあって、雪が舞う中露天風呂を楽しむことができました。でもやっぱり子供達はりんご風呂の方が好きでした。

そこから先も、気味悪いくらい道が空いていて、カーナビを見る限り関越も渋滞マークなし。

国道120号沿いに食事スポットがいくつもありましたが、赤城高原SAで夕食を食べることにしました。が、この判断が失敗。関越は確かにガラガラで、SA駐車場も混雑していなかったのですが、レストランも軽食コーナーも混雑してました。レストランには待ってまで食べたいメニューがなく、軽食コーナーの椅子取り合戦も殺気立ってそうだったので、道が空いてることもあり、上里SAまで進むことにしました。

20時に上里SA到着。この移動の間に次男が寝てしまったのですが、起こしてレストランへ。待ち列があってげんなりしましたが、先会計のレジ待ち列であっという間に入れました。次男は食べずに撃沈

Dscf1045

上里SA以降も外環含め全く渋滞なし。土曜の夜にしては奇跡だと思います。

22時過ぎに実家経由で帰宅しました。

走行距離:412.3km

Dscf1048

|

« サイクリング:里見公園~じゅん菜池緑地公園 | トップページ | ランドクルーザー・パリダカ仕様レプリカ »

スキー」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイクリング:里見公園~じゅん菜池緑地公園 | トップページ | ランドクルーザー・パリダカ仕様レプリカ »