« ノルン水上スキー場に行って来ました。 | トップページ | 東京で積雪 »

2012年1月 7日 (土)

44マグナム(エアソフトガン)のカートリッジ調達

小学生の時に買ってもらった、ファルコントーイ製エアソフトガンの44マグナムを大事に保管してたのですが、2個(しかも破損)しかなくなってしまったエアカートリッジ(薬莢)を新調しました。

元旦に柴又帝釈天に行った際に、長男がおもちゃの拳銃(リボルバーで、それぞれ8発の火薬とプラスチック弾を装填できるもの)を買ったのをきっかけに、このマグナムを出してみました。

44magnumpkg

本物を見たことないけど、本物っぽくて、重さもあって、小学生の時には、ちょっと持ち出して遊ぶという雰囲気ではなかったです。

44magnuminside

こちらが、破損してるエアカートリッジ。一般的には拳銃本体側にエアーコッキング機能を持っているのに対し、ファルコントーイ製のは独自の発想で、薬莢1つ1つの内部にその機能を持たせており、そのおかげで、エアガンでありながらトリガーを引くだけで撃鉄を連動させるいわゆるダブルアクションを実現してます。が、既に製造はされておらず、この独特の構造から、他社製を流用できません。

Aircatridges

ネットで探していてたどり着いたのが、ヤフオク。未使用品が出品されていて、入札したら落札できました。

Aircartridgepkg

いくら未使用品とはいえ、樹脂の経年劣化は避けられないと予想してました。が、動作確認はしておきたいので、早速・・・。

専用スタンドにエアカートリッジを押し込み、コッキング状態にします。

Bulletstand

コッキング機能は全て健全でした。弾(オリジナルは6mmツヅミ弾ですが、6mmBB弾もいけるようです)は持ってないので、コッキングした6発分のカートリッジを弾倉に込めてみました。久々に6発装填した状態を見ると、やっぱりかっこいいです。

Loaded

トリガーを引いて発射動作をしてみると、案の定(?)経年劣化による破損が・・・。6個中2個を駄目にしてしまいました。

左6個が新調分、右2個が元々持っていた付属品の残り(この2個も一応使えます)です。

Brokencartridges

新調して破損した2個も、使えるかどうかもう一度装填してみたところ、うち1発が大破。カートリッジが砲身側に進んで弾倉が取り出せなくなるという事態に陥りましたが、何とか取り除くことができました。

ということで、結局手持ちのカートリッジは7個(うち3個が破損)ということになりました。

Packed

|

« ノルン水上スキー場に行って来ました。 | トップページ | 東京で積雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノルン水上スキー場に行って来ました。 | トップページ | 東京で積雪 »